バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2013(平成25)年度/第13号】
配信日時:2013/10/11 13:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp

☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.ボランティア募集(1件)
 ◆三重大学病院・病院ボランティア募集(再掲)
3.イベント・研修・お知らせ情報(5件)
 ◆福祉と健康の祭典『ひだまりフェスタ』の開催について
 ◆NPO支援×地域づくり支援×行政と市民の協働研修
 ◆三重+エシカル ミエシカルVol.1の発行について
 ◆第7回全国校区・小地域福祉活動サミットinみえ のご案内(再掲)
 ◆第22回全国ボランティアフェスティバル高知 参加申込開始(再掲)
4.助成金情報(3件)
 ◆車両競技公益資金記念財団 平成25年度ボランティア活動推進事業助成
 ◆難病患者団体支援活動 第2期手のひらパートナープログラム募集
 ◆ニッセイ財団「児童・少年の健全育成助成」「生き生きシニア活動顕彰」
5.全国の台風18号被害に関する情報
6.東日本大震災に関する情報(2件)
 ◆みえ災害ボランティア支援センター
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
7.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.13
☆------------------------------------------------------------------☆

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
10月に入り、秋の風が金木犀のほのかな香りを街中に運んでくれています。
日中はまだ蒸し暑さも残りますが、朝晩はグッと過ごしやすくなりました。
秋は様々なイベントもたくさん開催されます♪分野や地域を超えて参加して
みると、新たな発見があるかもしれませんね~^^v
三重県で11月に開催される全国校区・小地域福祉活動サミットinみえも、
高知県で行われる全国ボランティアフェスティバルも締め切り間近です!
皆さま、ぜひご参加ください^^v
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.ボランティア募集(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆三重大学病院・病院ボランティア募集(再掲)
三重大学病院では、患者サービスの一層の向上を図り、地域住民のニーズに
応える病院にするため、病院ボランティアを受け入れることになりました。
患者さんの診療手続き・案内・院内における移動の介助などについて皆さんの
ご支援をいただき、患者さんに少しでも心の支えや、安らぎを得ていただける
環境作りができればと考えています。
また、この活動を通じてボランティアの皆さんの生活が少しでも豊かになるよう
であればこの意義は大きいものと考えています。
ボランティアの皆さんと手を携えて患者サービスの向上に努力していきたいと
思います。ご協力をお願いします。
※詳しくはこちらをご覧ください。また、活動の日時、頻度等、ご相談にのる
ことができますのでお気軽にお問い合わせください。
http://www.hosp.mie-u.ac.jp/recruitinfo/volunteer/
【お問い合わせ先】
三重大学医学部附属病院 医療サービス課
〒514-8507 津市江戸橋二丁目174番地 
TEL:059-231-5069

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.イベント・研修・お知らせ情報(5件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆福祉と健康の祭典『ひだまりフェスタ』の開催について
 鳥羽市では、健康と福祉に関するイベントとして、恒例の「第13回ひだまりフェスタ」
を開催します。障がい者団体、ボランティアの方々が参加して、下記日時にて様々な催し
ものを開催します。
【開催日時】2013年10月20日(日) 9:30~15:00 
【開催場所】鳥羽市保健福祉センター ひだまり
     (〒517-0022 鳥羽市大明東町2-5)
【プログラム内容】
 ☆アトラクション(踊り、ゆる体操、パン喰い競争・赤ちゃんはいはい・よちよち歩きレース、
          お菓子のつかみ取り、よさこいサーラン他)
 ☆展示・体験コーナー(各種団体の作品の展示や活動紹介他)
 ☆健康まつり(健康相談、骨密度測定、足形測定、血管年齢測定他)
【催し物詳細・お問い合わせ先】鳥羽市社会福祉協議会
 TEL 0599-25-1188 URL http://www.toba-shakyo.or.jp/

◆NPO支援×地域づくり支援×行政と市民の協働研修
[支援力・地域力・協働力パワーアップ研修 in 三重]
IIHOEでは2004年から14回にわたり、NPO支援の現場スタッフおよび理事
・事務局長を対象とした「支援力!パワーアップ研修」を実施しています。
【開催日時】2013年10月19日(土)~21日(月)
【開催場所】津駅前ビルアスト津3階 みえ市民活動ボランティアセンター内
      三重県津市羽所町700(TEL 059-222-5995)
      ※津駅から徒歩1分 (有料駐車場あり)
      http://www.ust-tsu.jp/access/index.html
【定員】各回30名
【参加費】プログラムA~C 各回共通
 ・1名のみご参加:4,000円
 ・1団体2名参加:2名で7,000円
 ・1団体3名参加:3名で9,000円
 (4名以上の場合は追加1人3,000円 
 例:AとCに2名でご参加→7,000円+7,000円=14,000円となります)
【申込締切】2013年10月11日(金) ※申し込み状況により延長の可能性あり
【内容】
■A 【支援力!パワーアップ研修】 10月19日(土)13:00~19:00 
◇対象:NPO支援センタースタッフ(初任者~中堅者向け)
◇内容:講義+グループワーク+発表
 ・講義「支援センタースタッフに求められる7つのチカラ」
 ・「最も力を入れて支援すべき対象群」と「予測される質問」に備えるQ&Aづくり
 ・「2週間で半人前!」スタッフを育てるための業務リストづくり
■B 【地域力!パワーアップ研修】 10月20日(日)10:00~16:00 +オプション企画 1
◇対象:中間支援組織 中堅スタッフ・事務局長・理事、地域づくり支援を行う組織の方
◇内容:講義+グループワーク+ポスターセッション
 ・「地域の課題はこれからどう変化するか?」 課題の原因・背景を理解する
 ・各自治体における協働の基盤づくり戦略を考える
 ・「誰をどう支援するか」重点支援対象先と求められるプログラムを整理する
■C 【協働力!パワーアップ研修】10月21日(月)10:00~17:00 +オプション企画2
◇対象:行政職員、NPO関係者
◇内容:講義+グループワーク+ポスターセッション
 ・講義「協働を生み、育てるために、行政・NPO・地域組織は何をすべきか?」
 ・協働の基盤(協働環境)を整えるために、誰とどんな課題に取り組むか
 ・各自治体で「協働環境」を整えるための必須アクションリストづくり
※「協働力研修」は自治体など行政職員の方と中間支援組織・NPOの方の
 合同受講を歓迎します! 
※いずれのプログラムも、講師は川北 秀人氏(IIHOE代表者)が務めます。

★特別オプション企画★
1「小規模多機能自治勉強会」10月20日(日)16:30~19:00
 島根県雲南市で進む「小規模多機能自治」を学ぶ勉強会。
伊賀市での取り組みも伺いながら、加速する人口減・少子多老に
「総働で挑む地域づくり」を学びましょう!
 http://blog.canpan.info/iihoe/archive/236

2「社会事業家100人インタビュー」 10月21日(月)18:00~20:00
 社会事業家として活躍する先輩にビジネスモデルのつくり方を学ぶ
「社会事業家100人インタビュー」を三重県初開催! 
ゲストは(特)大杉谷自然学校 校長の大西かおりさん。
 地域の資源をどう守り、伝え、事業化してきたのか。
 地域を活性化するビジネスモデルを、深くたずねます。
 http://blog.canpan.info/iihoe/archive/239
 
*いずれも詳細とお申し込みは、IIHOEブログを必ずご覧ください!
 http://blog.canpan.info/iihoe/category_24/1

【主催・申し込み・問合せ先】
 IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
 E-mail: mailto:hoshino.iihoe@gmail.com
 TEL:03-6280-5944 / 070-6971-3523   FAX:03-6280-5945

◆三重+エシカル ミエシカルVol.1の発行について
 ~ミエシカルでつなぐ三重のヒトとマチ~
※ミエシカルって?
人や環境に優しいエシカルなお店や商品をご紹介する三重の地域情報誌です!!
今回は日常生活に活用できる「オシャレ」・「エコ」・「使う人に優しい」の
3拍子揃った雑貨、見た目は鮮やかでヘルシーな食事を提供してくれる地元の
カフェなどの情報が満載です♪もっとミエシカルのことが知りたい!ミエシカル
Vol.1の設置場所が知りたい!という方はコチラをご覧ください。
⇒http://ethical-m.jimdo.com/

【発行元】NPO法人Mブリッジ(ひとtoまち出版室)
 〒515-0084  松阪市日野町788カリヨンプラザ3階
 E-mail:mailto:csr@tsutaetai.jp   FAX:0598-23-8488

◆第7回 全国校区・小地域福祉活動サミットinみえ  (再掲)
 みえます きてます 小地域の時代  のご案内!!!
【開催日時】平成25年11月28日(木)12:30~17:40(受付11:30より)
【会  場】三重県総合文化センター(三重県津市一身田津部田1234)
【プログラム】
 ●基調対談「ひとりの“困った”をみんなの“良かった”~誰かの困りごとは、
       地域が良くなるチャンスです~」
 [講師]特定非営利活動法人 暮らしづくりネットワーク北芝 事務局長 池谷 啓介氏
    神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 教授 藤井 博志氏
 ●分科会 10分科会
 ●まとめのディスカッション「みんなの力で地域を元気に」
[登壇者]四日市市塩浜地区   石田 静代氏
    松阪市 市長  山中 光茂氏
    伊賀市社会福祉協議会 事務局長 平井 俊圭氏
[コメンテーター]関西学院大学 人間福祉学部 教授 牧里 毎治氏
[コーディネーター]皇學館大学 現代日本社会学部 教授 守本 友美氏
【定員】1,700名(先着順)
【参加費】1人3,500円(※交流会に参加される場合ば別途5,000円が必要)
【申込締切】平成25年10月25日(金)
【詳細・お問い合わせ先】社会福祉法人 三重県社会福祉協議会 
            TEL:059-227-5145  FAX:059-227-6618
 ※開催要綱・参加申込書等の詳細は下記URLよりご確認下さい。
  http://www.miewel-1.com/

◆第22回全国ボランティアフェスティバル高知 参加申込開始(再掲)
「時代を拓く市民力(シチズンパワー)ぜよ」
(1)参加申込について
【開催日】2013年11月23日(土・祝)・24(日)
【会 場】高知県立県民文化ホール(高知県本町4丁目3-30)
【参加費】3,000円(大学生以下 無料)※交流会は別途5,000円
【申込締切】2013年10月25日(金)

(2)ボランティア写真を送ろうキャンペーン実施中
 大会テーマである「時代を拓く市民力ぜよ」をテーマとしたボランティア写真
を募集しています。応募作品の中から、随時、大会ホームページやフェイスブック
に掲載するほか、大会当日にスライドショーとして使用させていただきます。
詳細は下記からご確認下さい。
【応募期間】2013年10月25日(金)必着

【お問い合わせ先】高知県社会福祉協議会
 第22回全国ボランティアフェスティバル高知実行委員会事務局
 URL http://www.pippikochi.or.jp/kochi2013/
 ・高知県ボランティア・NPOセンター/TEL:088-850-9100
 ※「Facebook」もやってます!  http://www.facebook.com/kochi2013

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.助成金情報(3件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆車両競技公益資金記念財団 平成25年度ボランティア活動推進事業助成
【助成対象】ボランティア活動に相当の実績があり、活動基盤が整備されて
      いる特定非営利活動法人及びボランティア活動団体。
 ※社団法人・財団法人・社会福祉法人は助成対象外です。
【助成事業】高齢者・心身障害(児)者(以下「障害児者」という。)に対する
      直接のボランティア活動に係る機材整備事業。
【申請期間】~2013年11月8日(金)
【助成申請提出先】当該都道府県共同募金会
 ※申請書類等については、三重県共同募金会並びに県内各市町社会福祉協議会
  にお問い合わせください。
【詳細・お問い合わせ先】三重県共同募金会事務局
 〒514-8552 津市桜橋2丁目131 三重県社会福祉会館内
 TEL 059-226-2605   FAX 059-221-0044
  
◆難病患者団体支援活動 第2期手のひらパートナープログラム募集
【助成対象団体】難病の患者さんとそのご家族関係者が所属する団体であれば
        どの団体でも応募できますが、日本国内に主たる活動拠点を
        有する団体とします。
※ここでいう難病とは、厚生労働省が定める「難治性疾患克服研究事業対象疾患130疾患」
 を指します。
【助成対象事業】
1)患者さん及びそのご家族並びにその支援者の方々の共通課題に向けた活動。
2)当該団体の所属会員の社会参加を支援する、または啓発する活動。
3)積極的な社会への啓発活動や当該団体の職員・スタッフの自己啓発活動など、
  社会との係わり合いを継続的に進めている活動。
4)当該団体の自立や役員・リーダー・相談員の支援や育成が期待できる活動。
【助成金額】1件の助成金額の上限100万円(概ね10~15件程度)
      ※1団体1申請とする。
【応募期間】~2013年11月15日(金)
【詳細・お問い合わせ先】公益財団法人 日本フィランソロピー協会
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244
 「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム」事務局 宛
 TEL 03-5205-7580  FAX 03-5205-7585
 ※詳細はこちらからご確認ください。↓↓
  http://www.mt-pharma.co.jp/csr/support/

◆ニッセイ財団「児童・少年の健全育成助成」「生き生きシニア活動顕彰」
<1.児童・少年の健全育成助成>
【対象】「元気っこ活動」(子どもたち自身が主人公となって行う、自然体験・
    生活体験活動、仲間づくりや文化の伝承活動等)や「地域の子育て支援活動」
    などを地域活動の一環として定期的かつ日常的に継続して取り組んでいる
    草の根的な民間の団体及びグループ
【助成金額】1団体あたり 30万円~60万円(物品購入資金助成)
【助成申請】ニッセイ財団“広がれ、元気っこ活動”-児童・少年の健全育成助成
      平成26年度申請要項に基づき、申請書を、三重県 健康福祉部 子ども
      ・家庭局 子どもの育ち推進課へ郵送で提出してください。
      ※申請書への押印が必要です。
<2.生き生きシニア活動顕彰>
【対象】元気な高齢者が主体となって行う地域貢献・社会貢献活動を定期的かつ
    日常的に取り組んでいる草の根的な民間の団体及びグループ
【助成金額】活動顕彰(資金助成) 1団体5万円(一律)
【助成申請】ニッセイ財団平成26年度「生き生きシニア活動顕彰」申請要領に基づき、
      申請書を三重県 健康福祉部 長寿介護課へ郵送で提出してください。
      ※申請書への押印が必要です。

【申請書提出期限】1、2のいずれも2013年12月2日(月)必着
【申請書送付先】〒514-8570(住所不要) 津市広明町13番地
        ※直接、ニッセイ財団へ送付しないようお願いします。
<1.児童・少年の健全育成助成>
 三重県健康福祉部 子ども・家庭局 子どもの育ち推進課 子ども・青少年企画班
 電話:059-224-2404
<2.生き生きシニア活動顕彰>
 三重県 健康福祉部 長寿介護課 介護・福祉班
 電話:059-224-3327
【詳細・問い合わせ先】詳細は下記URL等をご参照ください。
 ○公益財団法人 日本生命財団 助成事業部 児童少年・生き生きシニア担当
  TEL 06-6204-4014  URL http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp
 ○三重県子ども・家庭局 URL 
  http://www.pref.mie.lg.jp/D1KODOMO/kodomom/nissei.htm

《掲載済の助成金情報》締切間近です!ご確認下さい。
●第2回エクセレントNPO大賞
【応募締切】平成25年10月16日(水) <郵送の場合は当日消印有効> 
●第1回いがす大賞
【応募締切】平成25年10月25日(金)
●損保ジャパン記念財団 平成25年度NPO 基盤強化資金助成
【応募期間】~11月15日(金)<当日消印有効>
●2014(平成26)年度年賀寄附金配分団体の公募
【応募期間】~11月15日(金)<当日消印有効>
●2014年度 JT NPO助成事業
【募集期間】~11月20日(水)<必着>
●独立行政法人防災科学研究所主催「第4回防災コンテスト」
【応募締切】~平成25年11月30日(土)<当日消印有効>

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.全国の台風18号被害に関する情報
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 台風18号被害によるボランティアの受け入れ等は概ね落ち着き、現在は
各市町社協にてニーズに応じた対応がされています。詳細は下記をご確認
下さい。

<京都府> 
■亀岡市災害ボランティアセンターの活動
 10月1日以降は平常時体制に移行しています。詳しくは、亀岡市社協
ホームページをご覧ください。
http://www.fukukame-net.or.jp/

■京都市災害ボランティアセンターの活動
 京都市では、常設型災害ボランティアセンターが設置されており、9月17日に
災害時体制に移行するとともに各区社協にブランチを設置しました。
なお、個別のボランティア募集は現段階では行っておりません。詳しくは、京都市
災害ボランティアセンターのホームページをご覧ください。
http://www.ksvc.jp/

<滋賀県> 
■高島市災害ボランティアセンターの活動
 10月1日からは、高島市社協に「生活復興応援窓口」を開設し、平日に相談を受け、
週末にボランティア活動を行う、週末対応型に移行しています。詳しくは、滋賀県災害
ボランティアセンターのホームページをご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/shigashakyo

<岩手県> 
■盛岡市災害救援ボランティアセンターの活動
 現在はボランティアの募集を一旦終了し、今後は被災者のニーズに合わせて対応
しています。詳しくは、盛岡市社協ホームページをご覧ください。
http://www.morioka-shakyo.or.jp/

■八幡平市災害ボランティアセンターの活動
 現在は被災者のニーズに合わせて対応しています。詳しくは、八幡平市社協
ホームページをご覧ください。
http://www.hachimantai-shakyo.or.jp/

■二戸市災害ボランティアセンターの活動
 現在はボランティアの募集を一旦終了し、被災者のニーズに合わせて対応して
います。詳しくは、二戸市社協ホームページをご覧ください。
http://www6.ocn.ne.jp/~nishakyo/

<埼玉県> 
■熊谷市災害ボランティアセンターの活動
 現在妻沼支所、江南支所で、ボランティアを募集しています。詳しくは、熊谷市社協
ホームページをご覧ください。
http://www.kumagaya-shakyo.jp/

■行田市災害ボランティアセンターの活動
 詳しくは、行田市社協ホームページをご覧ください。
http://www.gyodashakyo.or.jp/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.東日本大震災に関する情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ災害ボランティア支援センター
○みえで仲間をつくり隊!第9回楽しみ隊in多気の開催のお知らせ
 東日本大震災により三重県へ来られた東北・関東のみなさま、秋空の下、
芝生と古民家がある自然いっぱいの油田公園にて芋煮会をしましょう!
当日はみんなで材料を買うところから始まります。好みの食材を使って
みんなで一緒に芋煮を作って食べて、楽しい時間を過ごしましょう!
お気軽にご参加ください。
【開催日時】2013年11月4日(月・振休)9:30~15:15(予定)
【集合場所】多気町『ふれあいの館』(三重県多気郡多気町丹生4894)
【参加費】300円(中学生以下無料)
 ※参加費は芋煮の材料代として使用させていただきます。 
【持ち物】エプロン、レジャーシート、飲み物 など
【その他】 ※雨天決行
      ※芋煮会場は『油田公園』(多気町車川1403)となり、ふれあいの館等
での買い物終了後、全員で移動します。
(送迎が必要な方はスタッフの車で移動) 
【申込締切】2013年11月1日(金)
      ※詳細・お申込みは、みえ災害ボランティア支援センター
       ホームページをご確認ください。
       http://mvsc.jp/2013/02/21/8196/

○大規模災害、その時ボランティアができること
 地域住民や行政、社協、自主防、企業、学校等、災害ボランティアに関心が
ある方々を対象に、東日本大震災の被災者または支援者による講演と、みえ発!
ボラパック参加者による活動報告を行います。

【第 9 回】日時:2013年10月18日(金)19:00~21:00
       会場:四郷地区市民センター2階ホール(四日市市)
【第10回】日時:2013年10月19日(土)13:30~16:00
       会場:紀北町社会福祉会館(紀北町)
【第11回】日時:2013年10月19日(土)13:30~16:00
       会場:ゆめぽりすセンター2階大会議室(伊賀市)
【第12回】日時:2013年11月9日(土)9:45~12:00
       会場:三重県勤労者福祉会館6階講堂(津市)

【申込み・お問い合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
 〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
  TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918
  ホームページ URL → http://mvsc.jp/2013/02/21/8196/

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
・亀山市災害ボランティア支援センター
http://kameyama-shakyo.or.jp/news/115/
・桑名市災害ボランティア支援センター
http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
・名張市災害ボランティア支援センター
http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

※この他、全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
7.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.13
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 今回登場いただくのは亀山市社協の藏藤 光慶さんです。以下藏藤さんの
自己紹介です!


 亀山市社会福祉協議会の藏藤 光慶です。氏名が難しくて読めないですね、
ちなみに生まれてこのかた27年、氏名をヒントなしで読めた方は2人しかい
ません。読者の方で、我こそは3人目だ!という方は連絡して下さい。正解し
た方には、「亀八食堂」の味噌焼きうどんをご馳走します!
 社協に就職して2年目で、現在、ボランティア業務と共同募金業務を担当し
ています。社協に入って、地域には多くの善意で動く、人間として尊敬できる
方々が存在することと、そのような方々とお仕事出来ることの有難さを日々、
実感しています。
 現在の目標としては、亀山市の福祉課題を解決するため、ボランティアコー
ディネートでヒトを、そして共同募金でおカネを供給することが出来るように、
ボランティア業務と共同募金業務を両輪として機能させることです。ただし、
地域の福祉課題解決の動機づけに必要な、感受性と共感能力を地域住民の方に
持って頂くための啓発と、CSWの眼目である福祉課題の抽出と絞り込みは、
実務経験3年以上の尊敬する先輩職員達にお任せします(笑)
 こんな一言も二言も多い自分ですが、宜しくお願いします☆

                      (亀山市社協:藏藤 光慶)


 私は藏藤さんの名前を初めて見たとき何て読むんやろ?と思ったのと、
「武将の名前みたいや~!」と思いました!正解して、読者の皆様とみそ
焼きうどん食べた~~~い!!取りあえず叫んでおきます(笑)
 でさてさて、そんな藏藤さんから次回はどなたのもとへバトンが渡るので
しょうか♪どうぞ次回もお楽しみに^^☆
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


















☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆