バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2013(平成25)年度/第21号】
配信日時:2014/02/14 13:10
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp

☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・研修情報(4件)
 ◆専門性を持った組織のネットワーク強化を考えるセミナー
 ◆成年後見フォーラムを開催します
 ◆平成25年度 地域福祉推進シンポジウム
 ◆防犯ボランティアフォーラムin三重2014 が開催されます
3.助成金情報(1件)
 ◆NHK厚生文化事業団 第26回地域福祉を支援するわかば基金
4.台風26号災害に関する情報
5.東日本大震災に関する情報(3件)
 ◆みえ災害ボランティア支援センター
 ◆311みえネットのご案内
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
6.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.21
☆------------------------------------------------------------------☆

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 本日13時現在三重県津市、松阪市、伊賀市、名張市、伊勢市に大雪警報、
また紀州地域を除くその他の市町でも大雪注意報が発表されています。外出さ
れる方は、足元に注意し事故等十分ご注意下さい!!
 さて、今日はバレンタインデーですね!最近は女性から男性以外にも、お
友達同士でチョコを交換したり、自分へのご褒美チョコ!というのも増えて
きているみたいですね~^^v 異性に限らず、普段はなかなか恥ずかしくて
伝えられない感謝の気持ちをバレンタインデーに便乗して伝えてみるのもいい
かもしれませんね♪♪
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・研修情報(4件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆専門性を持った組織のネットワーク強化を考えるセミナー
「多様な地域ニーズを多様な組織が連携して支える~大規模災害時の支援の現場から~」
【開催日時】2014年2月26日(水) 13:30~16:30(受付 13:00~)
【開催場所】アスト津3階 みえ県民交流センター 交流スペース
【定員】50名(先着順)
【対象】NPO、社会福祉協議会、企業、行政、今回のテーマに関心のある方
【講師】日本財団 次の災害に備える企画実行委員会
    川北秀人氏(IIHOE 人と組織と地球のための国際研究所 代表)
    田村太郎氏(一般財団法人 ダイバーシティ研究所 代表理事)
【プログラム】
●報告
日本財団 次の災害に備える企画実行委員会が紀北町で実施した「被災者支援拠点
アセスメント訓練」などについて報告します。
●ワークショップ
「自分達の組織が取り組めること」「平時から地域で備えておくこと」を考えます。
●説明
「三重県災害ボランティア支援および特別非営利活動促進基金」など、三重県の取組
を紹介します。
【主催】三重県
【協力】日本財団 次の災害に備える企画実行委員会
【後援】(予定):社会福祉法人三重県社会福祉協議会、特定非営利活動法人みえ
                  NPOネットワークセンター、特定非営利活動法人みえ防災市民会議  
※お申し込み、詳細についてはこちらをご覧ください!
 三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班HP↓
 http://www.pref.mie.lg.jp/NPO/index.htm

◆成年後見フォーラム
 ~地域における成年後見制度の取り組みについて考える~ を開催します。
【開催日時】2014年3月5日(水)13:30~16:00(受付13:00より)
【開催場所】三重県生涯学習センター 4階 中研修室
     (三重県津市一身田上津部田1234/TEL:059-233-1151)
【対象】市町社会福祉協議会職員、地域包括支援センター職員、行政職員等で
    成年後見制度業務に関わる方々
【内容】
●基調講演 「市民後見と法人後見の位置づけと選択について」
<講師> 熊田 均 氏(弁護士/熊田法律事務所)
 ●シンポジウム 「地域における成年後見制度の取り組み」
<シンポジスト> 
 ・有限会社With A Will 市川社会福祉士事務所 取締役 市川 知律 氏
 ・特定非営利活動法人 伊勢まごころ 理事長 大西 良太 氏
 ・(法人後見・後見サポート組織で調整中)
<コーディネーター> 特定非営利活動法人PASネット 理事長 上田 晴男 氏
<コメンテーター>  熊田法律事務所 熊田 均 氏
【参加費/参加申込】参加費無料、『参加申込書』に必要事項を記載の上、下記
          期限までにFAXまたはE-mailにてお申込み下さい。
【後援】三重県(予定)
【申込期限】2014年3月3日(月)
【詳細・お問い合わせ先】社会福祉法人 三重県社会福祉協議会 ボランティアセンター
 TEL 059-227-5145  FAX 059-227-6618
 ※詳細の確認と『参加申込書』は下記URLよりご確認下さい。
 https://www.miewel-1.com/

◆平成25年度 地域福祉推進シンポジウム
 ~新たな生活困窮者支援制度からよりそい型支援を考える~
【開催日時】2014年3月9日(日)13:00~17:00
【開催場所】三重県歯科医師会館 2階 大会議室
     (津市桜橋2-120-2/TEL:059-227-6488)
【対象】三重県内で生活困窮者支援に関わる機関に所属する方
その他、生活困窮者支援に興味関心のある方
【内容】
●基調講演 「生活困窮者自立支援法について」
 講師:厚生労働省社会援護局 生活困窮者自立支援室長 熊木正人 氏
●報告「平成24年度よりそいホットライン事業報告」
 講師:一般社団法人社会的包摂サポートセンター 事務局長 遠藤智子 氏
●パネルディスカッション
「新たな生活困窮者支援制度に基づく包括的な相談支援体制の構築に向けて」   
 パネリスト:(モデル事業実施自治体等で調整中)
     名張市社会福祉協議会 生活支援課長   福井浩司 氏
     一般社団法人 社会的包摂サポートセンター  代表理事  熊坂義裕 氏
     NPO法人 三重ローカルアクト             村田順一 氏
 コーディネーター:公益財団法人三重県労働福祉協会 理事長 岡本  博 氏
 コメンテーター: 厚生労働省 生活困窮者自立支援室長   熊木正人 氏
【参加費/参加申込】参加費無料、『参加申込書』に必要事項を記載の上、下記
          期限までにFAXまたはE-mailにてお申込み下さい。
【申込期限】2014年2月28日(金)
【詳細・お問い合わせ先】社会福祉法人 三重県社会福祉協議会 総務企画部
 TEL 059-227-5145  FAX 059-227-6618
 ※詳細の確認と『参加申込書』は下記URLよりご確認下さい。
  https://www.miewel-1.com/

◆防犯ボランティアフォーラムin三重2014 が開催されます
【開催日時】2014年2月25日(火)13:30~16:00(受付:12:30より)
【開催場所】三重県総合文化センター 文化会館 小ホール
      (津市一身田上津部田1234)
【内容】
 ・三重県警察本部生活安全部長感謝状贈呈 他
 ・活動内容発表
  (1)地域安全すみれ会(四日市市)
  (2)豊が丘地区自治会連合会(津市)
  (3)藤里団地防犯見回り隊(伊勢市)
  (4)安楽島地区青少年育成会(鳥羽市)
  (5)府中地域安全活動推進協議会(伊賀市)
  <講評>皇学館大学 現代日本社会学部 准教授 板井 正斉 氏
【参加について】防犯活動に従事する防犯ボランティア団体関係者等
        ※事前申込不要
【詳細・お問い合わせ先】三重県警察本部生活安全企画課 地域安全係
            TEL 059-222-0110
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.助成金情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆NHK厚生文化事業団 第26回地域福祉を支援するわかば基金
【助成対象】
 (1)支援均部門(1グループにつき最高100万円)
  (2)リサイクルパソコン部門(ノートパソコン総数50台程度)
  (3)東日本大震災復興支援部門(1グループにつき最高100万円)
 ※法人格をもっている団体は申請不可(ただしNPO法人は申請可)。
 ※各部門ごとに対象内容が異なります。詳細は下記URLよりご確認下さい。
【申請締切】2014年3月31日(月)必着
【詳細・お問い合わせ先】社会福祉法人 NHK厚生文化事業団「かわば基金」
 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
 TEL 03-3476-5955(平日10:00~18:00)
 ※詳細は下記URLよりご確認下さい。
 http://www.npwo.or.jp/wakaba/

《掲載済の助成金情報》締切間近です!ご確認下さい。
●全日本冠婚葬祭互助協会 社会貢献基金助成
【応募期間】2014年2月28日(金)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.台風26号災害に関する情報
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
<東京都>
■大島社会福祉協議会災害ボランティアセンターの活動
 10月18日(金)より大島災害ボランティアセンターが設置
されました。
 なお、土砂出し、ガレキ撤去など多人数を要するニーズは
収束傾向にあるため、11月25日(月)より島外の個人ボラン
ティアの受付を見合わせています。
 また、1月より、月・火・木のみの活動としております。
 詳しくは、大島社協災害ボランティアセンターのホームページ
もしくはフェイスブックページをご覧ください。
 http://oshima.vc/
 https://www.facebook.com/oshima.saigaivc

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.東日本大震災に関する情報(3件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ災害ボランティア支援センター
 みえ災害ボランティア支援センターは2013年12月28日をもって閉所致しました。
今までのご支援・ご協力ありがとうございました。
 なお、閉所後のお問い合わせは下記までお願いいたします。

三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班
TEL 059-222-5981
http://www.pref.mie.lg.jp/npo/

◆311みえネットのご案内
東日本大震災の影響により、三重県内に避難(移住・保養等含む)されて
いる方々に情報提供や各種相談対応などを行い、避難されている方々と支援者
を結びます。
【311みえネットの主な活動】
1.避難者と支援者をつなぐ。
2.支援・協力団体のネットワークを広げ情報共有・連携する
3.支援・協力団体からの情報をお届けする(情報誌、メルマガ等)
4.交流プログラムの推進(県内避難者及び被災地の子どもたち)
 
 ※現在参加、協力団体も募集中です。詳細やお問い合わせ先は下記URLより
  ご確認ください。
  http://311mienet.jimdo.com/

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
・亀山市災害ボランティア支援センター
 http://kameyama-shakyo.or.jp/news/115/
・桑名市災害ボランティア支援センター
 http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
・名張市災害ボランティア支援センター
 http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

○三重県内の災害ボランティアセンターについて
・伊賀市災害ボランティアセンター(常設)
 フェイスブック http://on.fb.me/HDT4Uk

○全国の災害ボランティア情報について
 全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。詳細は
 下記URLからご確認ください。
  http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
7.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.21
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 今回登場いただくのは鳥羽市社協の中村 亮羽さんです。
 以下、中村さんの自己紹介です!

 どうもこんにちは~鳥羽市社協の中村亮羽です。入局して9ヶ月経ちました。
まだまだ分からないことも多くありますが、めげずに頑張っています。
 私は中学・高校と塾に通っていたのですが、塾の講師が身体に障がいがある方
でした。先生は、両足・左腕に麻痺があり、右手一つで教える姿に感銘を受け、
福祉の道に進む決断をしたのが入局した経緯です。そして、今でもその塾の講師
とは鳥羽市身体障害者互助会会長として繋がっています。
ボランティア担当の楽しみは、イベントです。たくさんの出会いがあり、何より
何かを一緒に成し遂げることは関係作りに最適だからです。また、鳥羽市は地元
なんですが、入局してから街で声をかけられることも多くなりました。99%お年
寄りの方ですが・・・笑 ありがたいです。
 趣味は映画鑑賞や手品などその他もろもろありますが、カラオケがとにかく好
きで、歌いたくて仕方がないです。J-pop、洋楽、K-pop、演歌何でも歌います。
中でも昭和の歌が好きで、カラオケに行くと「本当に平成生まれ?」ってよく聞
かれます。先月は鳥羽市ボランティア連絡協議会の新年会で吉幾三さんと五木ひ
ろしさんを歌わさせていただきました。
 お酒も大好きなので(特に吟醸類)、歌って飲む機会があればぜひ誘って下さい。
まだまだ経験が浅いのでご指導の程よろしくお願いいたします(☆`・ω・)ノ

                        (鳥羽市社協:中村 亮羽)

 
 中村さんカラオケが趣味なんですね!それも昭和の歌が好きとは!何だか意外
です^^♪ 私も演歌は歌えませんが、演歌好きの両親に連れられコンサートに
行った時の感動は忘れられません!お酒も吟醸類が好きなんて…本当に平成生まれ
ですか(笑)ソフトドリンクばかり飲んでしまう昭和生まれの私とは大違いです!
 さてさて、そんな中村さんから次回はどなたにバトンが渡るのでしょうか?次号
もどうぞお楽しみに^^d

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


























☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆