バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2014(平成26)年度/第8号】
配信日時:2014/07/25 14:36
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・研修情報等(4件)
 ◆福島県からの避難者に対して内部被ばく検査が実施されます
 ◆(特非)ユースビジョン主催/大学ボランティアセンター学生スタッフ
   セミナー2014
 ◆東海北陸バリアフリー市民交流集会inみえ(再掲) 
 ◆全国ボランティアフェスティバルぎふ (再掲)
3.助成金情報(2件)
 ◆チャリティープレート助成金
 ◆読売福祉文化賞2014
4.台風8号災害に関する情報(1件)
5.東日本大震災に関する情報(3件)
 ◆みえ災害ボランティア支援センター
 ◆311みえネットのご案内
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
6.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.29
☆------------------------------------------------------------------☆
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 東海地方も今週梅雨明けしましたね。ギラギラの太陽と蝉の鳴き声!一気に
真夏になりました。連日の猛暑に室内にいることの多い私は、外に出るだけで
頭がクラクラ…。皆様、熱中症には十分お気お付け下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・研修情報等(4件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆福島県からの避難者に対して内部被ばく検査が実施されます
 福島県から三重県に避難者された方等を対象に、福島県が下記の日程で津、
四日市で内部被ばく検査を実施します。
【受検対象者】
 (1)事故発生当時に福島県内に居住し、その後、県外等へ避難された平成24年
   4月1日以前に生まれた方
 (2)平成25年4月1日以前に生まれ、福島県内に住民票を有する方
【検査会場及び日時】
  (1)津会場   三重県吉田山会館特別会議室(津市栄町1丁目 891 番地)
    日 程   平成26年9月17日(水)10時30分から16時30分まで
          平成26年9月20日(土)、21日(日)9時30分から16時30分まで
  (2)四日市会場 三重県四日市庁舎第11会議室(四日市市新正4-21-5)
    日 程   平成26年9月23日(祝・火)、24日(水)9時30分から16時30分まで
【検査予定人数及び検査費用】
  (1)検査予定人数 1日あたり最大70名程度
  (2)検査費用 無料(ただし、検査会場までの交通費については、各自負担となります。)
【検査申込方法】平成26年7月22日(火)から福島県県民健康調査課の専用回線により
        受付が開始されています。
        (専用回線 080-5743-5867または080-5743-5868)
※受付時間は土日祝日を除く午前9時から17時です。検査日の3日前(土日祝日を除く)
 までに電話でお申込みください。
【詳細】http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2014070154.htm

◆大学ボランティアセンター学生スタッフセミナー2014
(主催/特定非営利活動法人ユースビジョン)
 9月に大学ボランティアセンターで活動する学生スタッフを対象とした、
 1泊2日のセミナーが開催されます。
【開催日時】9月8日(月)・9日(火)
【会場】大阪市立青少年文化創造ステーション KOKOPLAZA(大阪市東淀川区東中島)
【プログラム詳細】
 全体会1「ボランティア」についてとことん考えてみよう」
 全体会2「ボランティアセンターがある意味は?学生スタッフの役割とは?」ほか
【参加費】10,800円(予定)食費は別。
【定員・締切】 50名(1センター4名まで)締切:8月20日(水)
【詳細・申込問合せ】特定非営利活動法人ユースビジョン
 http://www.daigaku-vc.info

◆東海北陸バリアフリー市民交流集会inみえ が開催されます(再掲)
【開催日】2014年9月20日(土)・21(日)
【開催場所】アストホール(三重県津市羽所町700 アスト津4階)
【参加申込締切】2014年7月31日(木)(定員に満たない場合延長あり)
【詳細・お問い合わせ先】
 http://barrierfree.ichisi.com/

◆全国ボランティアフェスティバルぎふ 『おいでよ志(みんな) 
 大地(ちいき)を潤す 清流となって』参加申込受付中!
【開催日・会場】
 開催日:2014年9月27日(土)・28(日)
 会 場:岐阜県岐阜市 長良川国際会議場ほか
【参加申込期限】2014年8月22日(金)
 ※参加申込・詳細は下記URLよりご確認下さい。
 http://www.winc.or.jp/zvf/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆特非)日本チャリティープレート協会 チャリティープレート助成金(~8/31)
 http://www.jcpa.net/jcpa/?page_id=13

◆(社福)読売光と愛の事業団 読売福祉文化賞2014(~9/30)
 http://www.yomiuri-hikari.or.jp/

《掲載済の助成金情報》締切間近です!ご確認下さい。
●(公財)糸賀一雄記念財団 第18回糸賀一雄記念賞(~7/31)
 http://www.itogazaidan.jp/
●(社福)清水基金 平成26年度一般助成・海外研修(~7/31)
 http://www1a.biglobe.ne.jp/s-kikin/
●(一財)松扇会 平成26年度社会福祉助成金(~7/31)
 http://shouohkai.or.jp/zaidanhojin_shououkai/business/index.html
●(社福)NHK厚生文化事業団 
 第49回NHK障害福祉賞~障害のある人と支える人の体験記録~(~7/31)
 http://www.npwo.or.jp/info/2014/49fukushi.html
●(社福)NHK厚生文化事業団・NHKサービスセンター・全国社会福祉協議会
 第20回NHKハート展(~8/8)
 http://www.npwo.or.jp/info/2014/20nhk.html
●三重県遊技業協同組合事務局 第12回MPドリーム助成(~8/20)
 http://www.sanyukyo.jp/
●(公財)ヤマト福祉財団 第15回ヤマト福祉財団 小倉昌男賞(~9/15)
 http://www.yamato-fukushi.jp/
●(社福)全国社会福祉協議会
平成26年度「植山つる児童福祉研究奨励基金」(~9/5)
 http://www.shakyo.or.jp/sponsor/20140616_turu.html
●(公財)大和証券福祉財団
 平成26年度(第21回)ボランティア活動等助成(8/1~9/15)
 http://www.daiwa-grp.jp/dsf/grant/outline.html
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.台風8号災害に関する情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 台風第8号及び梅雨前線の影響に伴う7月6日からの大雨等による被害を
うけ、山形県で災害ボランティアセンターが設置されています。

全国の被害に関する情報は下記URLをご確認下さい。
 http://www.saigaivc.com/

<山形県>
■南陽市  7.9南陽市豪雨災害ボランティアセンター
ボランティアの受付については下記より事前の申込みとなっています。
◆ボランティア活動受付専用ダイヤル080-5070-9876
 (8:00~18:00)
また、混乱を避けるため、可能な方は、団体・個人に関わらず下記の南陽市
社会福祉協議会ホームページより「ボランティア事前受付簿」に事前にご記入
の上、当日お持ちください。
 ボランティア活動の服装、駐車場、宿泊先については、南陽市災害
ボランティアセンターのフェイスブックで発信されています。
  https://www.facebook.com/nanyoshi7.9vc
   ◆南陽市社会福祉協議会HP
   http://www.nanyoshishakyo.or.jp
  ◆南陽市HP
     http://www.city.nanyo.yamagata.jp/bousaibousaiziyouho/1025.html

<長野県>
■南木曽町  「生活復興支援センター」の設置・運営
 「南木曽町災害ボランティアセンター」は、7月19日(土)をもって
活動を終了し、20日(日)にセンターが閉所となりました。
現在は「生活復興支援センター」を南木曽町社協に新たに設置し、町内の
ボランティアの方々に協力を得ながら、被災者の生活再建に向けて取り組ま
れています。
   ◆南木曽町HP
   http://www.town.nagiso.nagano.jp/saigai.html
  ◆南木曽町社会福祉協議会HP
      http://www.nagisosyakyo.or.jp/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.東日本大震災に関する情報(3件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ災害ボランティア支援センター
 みえ災害ボランティア支援センターは2013年12月28日をもって閉所しました。
 閉所後のお問い合わせは下記まで。
三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班 TEL 059-222-5981
http://www.pref.mie.lg.jp/npo/

◆311みえネットのご案内
東日本大震災の影響により、三重県内に避難(移住・保養等含む)されて
いる方々に情報提供や各種相談対応などを行い、避難されている方々と支援
者を結びます。
 http://311mienet.jimdo.com/

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センター等について
 現在災害ボランティアセンターを設置している市町については、下記URL
からご確認ください。
 http://www.miewel-1.com/volunteer/index.html#13

○全国の災害ボランティア情報について
 全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
詳細は下記URLからご確認ください。
 http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.32
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 今回ご登場いただくのは桑名市社協の北村利都子さんです。
 以下、北村さんの自己紹介です!

 はじめまして。桑名市社協の北村利都子です。
平成14年に社協に入り、平成23年にボランティアセンター担当になり
ました。それまでボランティアとは無縁の生活をしていたので、実際に活動
しているボランティアさんに一から教えていただいたり、相談に乗っていた
だいたり、実際に見に行ったり…ボランティアさんに頼りながら今に至ります。
今は特に、ボランティアさんに寄り添えるボランティア担当となりたいと
思っています。他には、サブで子育て支援も担当しています。こちらも子ども
にどう接して良いのかわからず、恐る恐る子どもに声を掛けてみたり、抱っこ
してみたり。担当して3年経ちますが慣れません。
趣味は個性的な水族館や博物館に行くことです。オススメは蒲郡の竹島水族
館とファンタジー館です。私は見ることができないのですが、水族館の男子ト
イレに素敵な張り紙が貼ってあり、マニアの中では噂になっています。また、
ファンタジー館は先週リニューアルオープンされ、シュールで独特の世界観を
見せてくれます。皆さん、是非行ってみてください。
                       (桑名市社協 北村利都子)

 北村さんの趣味☆素敵ですね!水族館や博物館を“個性的”という視点で観た
ことがなかったので、その視点が新鮮でした^^竹島水族館の男子トイレが気に
なりますね…。個性的と言えば、北村さんの持っているペンケースも素敵です!
研修や会議で北村さんに会ったらペンケースにご注目下さい(笑)とってもリアル
で可愛いですよ~♪(すでに代えていたらすみません^^;

さて、次号はどなたへバトンが渡るのでしょうか?次号もどうぞお楽しみに^^d
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



















☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆