バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2014(平成26)年度/第21号】
配信日時:2015/02/27 13:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・研修情報等(2件)
 ◆県民公開シンポジウム「自分の安全を守れない若者たち」
 ◆平成26年度地域福祉教育推進セミナー(再掲)
3.助成金情報(2件)
 ◆ドコモ市民活動団体への助成
 ◆2015年全労済地域貢献助成事業
4.全国の災害ボランティア情報(1件)
 ◆長野県神城断層地震について
5.東日本大震災に関する情報(2件)
 ◆311みえネットのご案内
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
6.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.45
☆------------------------------------------------------------------☆
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
今週に入りぐっと気温が上がり、体感的にも「春」を感じられるようになって
きました^^今年は『イチゴ年』らしく(2015年の下2桁が15でイチゴ)例年
にも増してイチゴ商品やイチゴグッズが多いとのこと♪いろんなゴロ合わせが
あるものですね☆ 皆様の周りでもイチゴ商品がたくさんあるかもしれません♪
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・研修情報等(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆県民公開シンポジウム「自分の安全を守れない若者たち」(津市)
【開催日時】2015年3月14日(土)9:30~12:00
【開催場所】三重県人権センター(津市一身田大古曽693-1)
【内容】○第1部:講演「居場所をつくる」
          講師:宮川医療少年院 次長 東田 聡 氏

    ○第2部:シンポジウム「自分の安全を守れない若者たち」
     ・シンポジスト:三重県教育委員会 生徒指導課 担当者
             三重県立こころの医療センター 臨床心理士
             津警察署 担当者
【定員/参加費】150名・参加費無料
【申込締切】2015年3月10日(火)
【詳細・申込先】三重県立こころの医療センター
 ユースメンタルサポートセンターMIE
 TEL 059-235-2125(代) FAX 059-253-8031
 ※詳細は下記よりご確認ください。
  http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2015020319.htm

◆平成26年度地域福祉教育推進セミナー (再掲)
「ふりかえり」を学ぶ~体験、活動の後を考える~を開催します
【開催日時】2015年3月25日(水)10:00~16:00
【開催場所】みえ市民活動ボランティアセンター ミーティングルームA・B
      (津市羽所町700 アスト津3階)
【講師】川中 大輔さん(シチズンシップ共育企画)
【対象】市町社協のボランティア・福祉教育担当者等、体験・活動を仲介する担当者/
    ボランティア体験の受入を実施・検討している施設や団体等、体験・活動の
    受入担当者/学校、大学等で児童・生徒等をボランティア体験・活動へ送り
    出しをする担当者等
【定員・参加費】30名(先着順)・参加費無料
【申込締切】2015年3月20日(金)
【詳細・申込/お問い合わせ先】
 社会福祉法人 三重県社会福祉協議会 三重県ボランティアセンター
 TEL:059-229-6634  FAX:059-229-6635
 ※開催要項・申込書等詳細は下記からご確認ください。
 http://www.miewel-1.com/volunteer/index.html

              ■■ご訂正 ■■
 前回2月13日発行の『ぼらっとみえ~る♪』にて上記、福祉教育推進セミナー
 の案内を掲載した際、開催の曜日の記載が間違っておりました。正しくは、
 上記のとおり3月25日の“水曜日”の開催となります。お詫びし訂正いたします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆(特非)モバイル・コミュニケーション・ファンド
 ドコモ市民活動団体への助成<子ども分野/環境分野>(3/1~4/24)
 http://www.mcfund.or.jp/docomo_josei/action.html
◆全労済 2015年全労済地域貢献助成事業(3/25~4/8)
 http://www.zenrosai.coop/torikumi/joseijigyou/

《掲載済の助成金情報》締切間近です!ご確認下さい。
●(社福)読売光と愛の事業団 福祉作業所「地域特産」助成事業(~3/3)
 http://www.yomiuri-hikari.or.jp/
●(公財)公益推進協会 第7回 夢屋基金(~3/11)
 http://kosuikyo.com/
●老人ホーム等社会福祉施設に<おもちゃ図書館>の開設支援事業(~3/31)
 http://www.toylib.or.jp/
●(社福)NHK厚生文化事業団 第27回地域福祉を支援する「わかば基金」(~3/31)
 <支援金部門/リサイクルパソコン部門/東日本大震災復興支援部門>
 http://www.npwo.or.jp/wakaba/
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.全国の災害ボランティア情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 全国の災害ボランティア情報は下記をご参照ください。
 ◆全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
  http://www.saigaivc.com/

【長野県神城断層地震について】
 11月22日(土)に発生した長野県神城断層地震により、長野県内では
甚大な被害が発生しました。 
現地では、地元の福祉関係者等を中心に被災者の福祉ニーズやボランティア
ニーズの把握を行い、地元の住民による助け合いを中心とした支援が行われて
います。また、下記にて義援金の募集をしております。
◆「長野県神城断層地震災害義援金」の募集について
【募集期間】~3/31
 http://www3.ocn.ne.jp/~nkyobo/saigai/kamisiro.htm

  なお、被災地では降雪が続いており、ボランティアをされる方の安全確保等
のため、現在はボランティア募集を被災村内の方のみとなっております。 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.東日本大震災に関する情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆311みえネットのご案内
東日本大震災の影響により、三重県内に避難(移住・保養等含む)されて
いる方々に情報提供や各種相談対応などを行い、避難されている方々と支援
者を結びます。
 http://311mienet.jimdo.com/

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センター等について
 現在災害ボランティアセンターを設置している市町については、下記URL
 からご確認ください。
 http://www.miewel-1.com/volunteer/index.html#13

○全国の災害ボランティア情報について
 全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
詳細は下記URLからご確認ください。
http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.三重県内の市町ボランティアセンタースタッフのご紹介 Vol.45
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 今回ご登場いただくのは津市NPOサポートセンターの片山真由美さんです。
 以下、片山さんの自己紹介です!

 こんにちは。NPO法人 津市NPOサポートセンターの片山真由美です。
オリンピックで三連覇中の吉田沙保里選手と同じ一志町出身で、先週34歳に
なりました。
  私がNPO業界で働くことを決めたのは、東京の認定NPO法人 難民支援協会
でインターンとして1年間働いたのがきっかけです。アメリカの大学に進学し
政治を学んでいたころ、授業で日本にも難民が来ていることを知りました。
「自分ができることは何だろう」と考えて辿り着いたのがこのNGOでした。
日本にいる難民を取り巻く厳しい現状に立ち向かう現場で働いたことで、社会
課題を解決するために働くという働き方にやりがいを感じました。
 インターン先ではまた、潤沢な資金があるわけではない団体にとって、寄付
がその団体のサポートする人の生活に影響することを知り、それまで懐疑的
だった「寄付をすること」への意識が変わりました。
 津市のNPOに入職したのは、今までの経験を地元に還元したかったからです。
私が何不自由なく育ったのは両親のおかげと同じくらい、育った環境のおかげ
でもあると地元を離れて痛感しました。
 私は津市で活動するNPOをサポートするNPOの職員として、会議室や印刷機
の貸し出し、情報提供や相談業務、イベントやセミナーの開催、寄付の仲介、
また寄付を募りたい団体のサポートなどに携わっています。力不足を感じるこ
とが多いですが、やりがいのある環境でもあります。多様な生き方・人が受け
入れられるような社会を目指し、これからも自分ができることを頑張っていき
たいです。
            (NPO法人 津市NPOサポートセンター 片山真由美)

 様々なご経験から「自分ができることは何だろう」と考えられること。
片山さんのそのお考えが素敵だなあと思いました!意識していないと、
自分自身や、周りの環境について客観視することは普段少ない気がします。
私自身も目の前のことばかりに意識がいきがちだなあと反省。よい気づきを
いただきました^^ありがとうございます!

さて、次回はどなたにバトンが渡るのでしょうか!皆さまどうぞお楽しみに~♪
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~














☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆