バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2015(平成27)年度/第9号】
配信日時:2015/08/14 13:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp

☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・研修情報等(4件)
 ◆みえボランタリーフォーラム2015
  みえ発!『ボランティアを楽しもう!』一問一答【その1】
  「ボラコラボ ~伝えて繋がる・私とボランティア~」語り手募集
 ◆身近な“移動”をテーマにアイデア創出体験!
  ~「路線バス」の活用アイデアを考えよう~
 ◆NPOの資金調達を考える 秋の陣
 ◆第24回全国ボランティアフェスティバルふくしま
 (絵手紙募集、寄付金、協賛広告募集)
3.助成金等情報(2件)
 ◆2015年「花王・みんなの森づくり」活動助成
 ◆生活共同組合コープみえ「テーマ活動」「グループ活動」
4.その他募集情報(1件)
 ◆子どもたちの「こころを育む」活動大募集
5.災害に関する情報(3件)
 ◆屋久島町社協「避難生活支援ボランティアセンター」
 ◆311みえネットのご案内
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
6.その他(1件)
 ◆「戦後70年目の8月15日によせて」
7.三重県内のボランティアセンター等スタッフのご紹介 Vol.51

☆------------------------------------------------------------------☆
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
津商業高校の2回戦、まっただなかですね。「コーチャー」の役割がネットで
も話題になり、観戦の楽しみが拡がった気がします。
一回戦ですでに話題の三重県代表校となり嬉しい限りですが、やっぱり勝利も
願わずにはいられません☆
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・研修情報等(4件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえボランタリーフォーラム2015
(1) みえ発!『ボランティアを楽しもう!』一問一答【その1】
「ボランティア」から連想する○○は?皆さんの連想をぜひおきかせください。
【対象】全国のボランティア活動に興味関心のある方
※ボランティア経験の有無は不問
【受付期間】平成27年8月10日(月)~8月24日(月)
アンケートフォームはこちら!→http://bit.ly/1hj0gY1 

(2)「ボラコラボ ~伝えて繋がる・私とボランティア~」語り手募集(継続掲載)
【第一次募集締切】平成27年8月31日(月)※残枠わずかです。
【内容】
タイトル「ボランティア × ○○」とし、○○部分に語り手が自由にテーマを
設定し、15分間のプレゼンテーションを行うこの「語り手」を広く募集いたし
ます。
○○部分はボランティアから連想されるものばかりでなく、思いもよらないテ
ーマも大歓迎です。 
テーマ例 ▸▸▸ ボランティア×リーダー ・ ボランティア×愛される企業 など
※詳細はこちらをご覧ください!
みえボランタリーフォーラム2015 HP
http://www.miewel-1.com/volunteer/voluntaryforum.html

☆みえボラタリーフォーラム2015について
【開催日時】平成27年12月6日(日)10:00~16:00
【開催場所】アスト津3階 みえ市民活動ボランティアセンター内
【主催】三重県社会福祉協議会・NPO法人Mブリッジ
※こちらでも発信しています。
Facebook:https://www.facebook.com/mie.voluntaryforum
【お問い合わせ先】
三重県社会福祉協議会 ボランタリーフォーラム担当者まで
TEL:059-227-5145 FAX:059-227-6618 e-mail:mvc@miewel.or.jp

◆身近な“移動”をテーマにアイデア創出体験!
~「路線バス」の活用アイデアを考えよう~
【開催場所・日時】
○松阪会場:松阪市市民活動センター会議室(松阪市日野町788)
開催日時:平成27年8月25日(火)19:00~21:00
○津会場:みえ県民交流センターミーティングルーム
(津市羽所町700アスト津3階)
開催日時:平成27年9月9日(水)19:00~21:00
※詳しくはこちらをご覧下さい
http://www.pref.mie.lg.jp/KOTSU/HP/mm/aidia.htm
【主催・申込み先】三重県 地域連携部交通政策課
TEL: 059-224-2805 FAX:059-224-2418
E-mail:kotsu@pref.mie.jp 

◆NPOの資金調達を考える 秋の陣
~団体の性質に合ったファンドレイジングを学ぶ~
【開催日時・テーマ】
A.平成27年9月12日(土)13:30~15:30
「クラウドファンディングで地域を、組織を盛り上げる!」
講師:株式会社NFL 代表取締役 川辺友之さん
B.平成27年9月26日(土)13:30~16:30
「リアル助成金講座 2015年度版」
講師:特定非営利活動法人 CANPANセンター 代表理事 山田 泰久さん
C.平成27年10月17日(土)10:00~12:00
「融資を通じて、人と地域をつなげ、持続可能な組織にする」
講師:コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事 木村 真樹さん
【開催場所】みえ市民活動ボランティアセンター
(津市羽所町700アスト津3階)
【参加費】
A~Cのいずれか1つを受講・・・1,500円
A~Cのいずれか2つを受講・・・2,500円
3つすべてを受講・・・・・・・3,000円
※この他の詳細についてはこちらをご覧下さい。
http://www.mienpo.net/center/home/jigyou/data/2015/20151017chirashi.pdf
【主催・問い合わせ・申し込み先】
みえ市民活動ボランティアセンター
TEL:059-222-5995 FAX:059-222-5971 e-mail:center@mienpo.net

◆第24回全国ボランティアフェスティバルふくしま(継続掲載)
(1)参加者募集開始
【開催期日】平成27年11月21日(土)~22日(日)
【会場】ビッグパレットふくしま(郡山市)他
大会テーマ:“ありがとう”未来につなごう ふくしまから
http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/vffukushima/moushikomi.html

(2)絵手紙募集 テーマ『未来へつなげたい想い』
福島への想い、東北への想い、ふるさとへの想いなど、未来へつなげたい想い
を絵手紙にこめて送っていただき、ボランティアフェスティバルの会場に展示し、
一人ひとりの想いの輪を全国へ広めます。
【対象】テーマにご賛同いただける方(応募は一人1点)
【応募締切】平成27年9月30日(水)必着

(3)開催に伴う寄付金・協賛広告の募集
フェスティバルの円滑な開催、運営に資するため、本事業にご賛同いただける
皆さまからの寄付金及び協賛広告を募集しています。
【募集方法】下記URLより申込書をダウンロードしてお申込みください。
【募集期間】平成27年4月1日(水)~9月30日(水)
【寄付金依頼額】
(1)企業・団体等/ 一口 50,000円
(2)個人 / 一口  5,000円
【協賛広告依頼額】30,000円以上

【お問い合わせ先】福島県社会福祉協議会 総務企画課
TEL:024-523-1251  FAX:024-523-4477
URL:http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/1000/1103.html
Facebook: https://www.facebook.com/volufesfukushima

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金等情報(新規2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆「花王・みんなの森づくり」(~10/16)
http://www.kao.com/jp/corp_csr/social_activities_00_00.html
◆生活共同組合コープみえ
(1)テーマ活動
http://www.coop-mie.jp/activities/group/start_t.html
(2)グループ活動
http://www.coop-mie.jp/activities/group/start_g.html
※いずれも組合員の方からの申し込みが必須ですが、
参加は組合員以外の方もできます。

※締切間近なものもあります!ご確認下さい。
●第13回 MPドリーム(~8/20)
http://www.sanyukyo.jp/news/20150610.html
●公財)大和証券福祉財団(~9/15)
平成27年度(第22回ボランティア活動等助成)
http://www.daiwa-grp.jp/dsf/index.html
●社福)読売光と愛の事業団
福祉作業所「アートの力」助成事業(~9/25)
http://www.yomiuri-hikari.or.jp/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.その他募集情報(新規1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆公財)パナソニック教育財団
子どもたちの「こころを育む」活動大募集(~9/16)
http://www.kokoro-forum.jp/project_kokoro/

《掲載済みの情報》
●第21回NHKハート展 詩の募集(~9/7)
https://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/poemform/index.html
●第16回ヤマト福祉財団 小倉昌男賞(~9/15)
http://www.yamato-fukushi.jp/works/award/
●第19回ボランティア・スピリット賞(~9/11)
http://vspirit.jp/index_pc.html
●社福)読売光と愛の事業団
読売福祉文化賞(~9/30)
http://www.yomiuri-hikari.or.jp/
●日本政策金融公庫 国民生活事業(随時)
ソーシャルビジネス支援資金のご案内
https://www.jfc.go.jp/n/finance/social/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.災害に関する情報(3件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆屋久島町社会福祉協議会「避難生活支援ボランティアセンター」
平成27年5月29日の鹿児島県の口永良部島の噴火により屋久島町社会福祉協議会
では5月30日より「避難生活支援ボランティアセンター」を立ち上げ、ボランテ
ィアによる避難者の生活支援活動を行ってきました。
(以下Facebookより抜粋)
8月1日、全避難所が閉鎖され,避難所にいらした22世帯36人の方は仮設住宅に
移り,仮設棟を一つの自治組織として生活することとなりました。
「避難生活支援ボランティアセンター」は,これまで毎日のようにあったボラ
ンティア活動とは違った内容になっていくと思いますが, 避難者の方が安心し
て帰島できるまで,社会福祉協議会として支援していく所存です。
屋久島町社会福祉協議会ボランティアセンターFacebook
http://on.fb.me/1GUdSCx

◆311みえネットのご案内
東日本大震災の影響により、三重県内に避難(移住・保養等含む)されている
方々に情報提供や各種相談対応などを行い、避難されている方々と支援者を
結びます。
http://311mienet.jimdo.com/

◆全国の災害ボランティア情報について
「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」
http://www.saigaivc.com/

全国社会福祉協議会「被災地支援活動」に東日本大震災ボランティア活動者数の
推移等も掲載されています。詳細は下記URLからご確認ください。
http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.その他
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
8月10日付で、社会福祉系学会会長・代表の共同声明が発表されました。
「戦後70年目の8月15日によせて」
日本社会福祉学会会長 岩田正美 
日本医療社会福祉学会会長 岡本民夫 
社会事業史学会会長 大友昌子 
日本ソーシャルワーク学会会長 川廷宗之 
日本看護福祉学会会長 岡崎美智子 
日本仏教社会福祉学会代表理事 長谷川匡俊 
日本福祉教育・ボランティア学習学会会長 松岡広路 
日本地域福祉学会会長 上野谷加代子 
貧困研究会代表 布川日佐史
日本社会事業大学教員有志16名代表 辻浩
http://www.jssw.jp/whatsnew/doc/20150810_ww2.pdf

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
7.三重県内のボランティアセンター等スタッフのご紹介 Vol.51
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
前回のいせ市民活動センターの酒徳さんからのご紹介は・・・

みなさん、はじめまして。伊勢市社会福祉協議会の井阪菜々絵です。この4月から
ボランティアセンターに配属になりました。縁あって社会福祉協議会に入局し4年
目になります。
私は大学生の時にはじめてボランティア活動をしました。個人宅での活動だったの
で最初はとても緊張していたのですが、今では親戚のお家にあそびに行くような感
じで、毎回お邪魔するのが楽しみになっています♪
活動をしなければ出会うことのなかった人たちと関われることもボランティアの魅
力だと思っています。一人でも多くの人にそんなボランティアの魅力を発信してい
けたらと思います!まだまだ分からないことが多く、ボランティアさんや市民の方
に迷惑をかけっぱなしですが、頼りになる先輩と楽しい同僚と共に頑張っていきた
いと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
物静かな印象の井阪さんがボランティア担当になった後に、ボランティアに対す
る自身の考えを熱く、そして、冷静に語ってくれた様子がまだ記憶に新しいです。
伊勢市社協VCは、昨年度より常設の災害VCも兼ね、様々な新たな取り組みを
されています。引き続き県VCとの情報交換もよろしくお願いいたします☆
                              (きたで)
伊勢市社協HPより http://ise-shakyo.jp/volunteer/v_event
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
次回は8月28日(金)の配信予定です(*^-^*)ノ~~












☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆