バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2012(平成24)年度/第7号】
配信日時:2012/07/13 13:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.ボランティア募集(2件)
 ◆第21回全国ボランティアフェスティバルみえ運営ボランティアの募集
 ◆みえ発!ボラパック2 第10便 個人ボランティア追加募集
3.イベント・講座情報(5件)
 ◆「TRI夢・街・人づくり助成金」事前説明会開催
 ◆『CSR検定』で会社を変える
 ◆共感と信頼をつくるソーシャル系情報発信とその支援
 ◆ファシリテーション入門講座
 ◆平成24年度ボランティアコーディネーター養成研修【基礎編】(再掲)
4.助成金情報(2件)
 ◆特定非営利活動法人 日本チャリティプレート協会「チャリティプレート助成金」
 ◆一般財団法人 日本メイスン財団「平成25年度助成金」
5.東日本大震災に関する情報(3件)
 ◆みえ発!ボラパック2 第10便 個人ボランティア追加募集
 ◆みえ東日本大震災支援団体連絡会【つながろう三重】加盟団体募集!
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
6.第21回全国ボランティアフェスティバルみえ情報(2件)
7.編集後記(せっきー&でっち)
☆------------------------------------------------------------------☆


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 暑い日が多くなり、夏の足音が聞こえてきました。

 さて、これまでのメルマガでもお知らせしてきましたが、今回より独自配信
システムでの配信となります。
 皆様には、再登録のお手間をとらせまして誠に申し訳ありません。
 その手間に見合う内容となるよう心掛けてまいりますので、今後ともよろし
くお願い致します。

                    (現在の読者数 : 148人)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.ボランティア募集(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆第21回全国ボランティアフェスティバルみえ運営ボランティアの募集
  いよいよ開催まであと78日となった全ボラみえでは当日の運営ボランティ
 アを募集しています。
 活動にあたっては事前説明会へのご参加をお願いしています。
●詳しくはこちらをご覧ください!
 http://www.miewel-1.com/vfmie/staff/index.html
【申込み・問い合せ】
 第21回全国ボランティアフェスティバルみえ実行委員会事務局
 TEL:059-227-5145  FAX:059-227-6618
 e-mail:katsudou@ma.mctv.ne.jp

 ●「ふれあい広場出展団体」も募集しています!(三重県内対象)
 これにつきましてはこちらを!
  http://www.miewel-1.com/vfmie/booth/index.html

◆みえ発!ボラパック2 第10便 個人ボランティア追加募集
 第10便:平成24年8月2日(木)~8月5日(日)
【詳細および申込方法】こちらでご確認ください!
 http://mvsc.jp/2012/07/12/6309/
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
 〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
 TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・講座情報(5件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆「TRI夢・街・人づくり助成金」事前説明会開催
【日 時】平成24年8月3日(金) 19:00〜(約2時間程度)
【開催場所】松阪市市民活動センター
【参加費】無料
【内 容】
  東海ゴム工業(株)と松阪市市民活動センター(指定管理者:NPO法人Mブ
 リッジ)が協働で実施する助成金プログラムの「事前説明会」です。
 ※松阪市、明和町、多気町、大台町で活動する市民活動団体を対象とします。
●この他の詳細につきましてはこちらでご確認ください!
 http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1340701869353/index.html
【申込み・問い合せ】
 松阪市市民活動センター
 TEL:0598-26-0108(平日10:00~22:00)FAX:0598-25-3803
 e-mail:katsudou@ma.mctv.ne.jp

◆『CSR検定』で会社を変える ~万協製薬(株)松浦社長編~
【日 時】平成24年8月7日(火) 13:30~17:00(受付 13:15~)
【開催場所】松阪商工会議所(松阪市若葉町161-2)
【講 師】万協製薬(株)代表取締役 松浦 信男 氏
【定 員】50名
【参加費】2,500円(テキスト代)
     ※テキスト持参の場合、CSR検定合格者は無料
●この他の詳細につきましてはこちらでご確認ください!
 http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1341629888760/index.html
【申込み・問い合せ】
 松阪市市民活動センター
 TEL:0598-26-0108(平日10:00~22:00)FAX:0598-25-3803
 e-mail:katsudou@ma.mctv.ne.jp

◆共感と信頼をつくるソーシャル系情報発信とその支援
【日 時】平成24年8月9日(木) 14:00~16:30
【開催場所】みえ県民交流センター ミーティングルームAB
(アスト津3階)
【講 師】日本財団CANPANプロジェクト 山田 泰久 氏
【定 員】30名
【参加費】500円
【申込期日】8月7日(火)
●この他の詳細につきましてはこちらでご確認ください!
 http://www.mienpo.net/center/home/jigyou/data/2012/20120809chirashi.pdf
【申込み・問い合せ】
 みえ市民活動ボランティアセンター
 TEL:059-222-5995  FAX:0598-222-5971
 e-mail:center@mienpo.net

◆ファシリテーション入門講座
【日 時】
<STEP1>平成24年9月8日(土) 9:30~16:30
 ファシリテーションの基本とは?
  ~聴いて、書いて、考える~
<STEP2>平成24年9月9日(日) 9:30~16:30
 企画を生み出すための手法とは?
  ~フレームワークのプロセスデザイン~
【開催場所】みえ県民交流センター 交流スペース
(アスト津3階)
【講 師】 井上 淳之典 氏
      (特)地域の未来・志援センター副理事長
       寺子屋プロジェクト 代表
      (特)犬山市市民活動支援センター評議員
      (特)みえきた市民活動センター副理事長
【定 員】18名
【受講料】一般5,000円、学生3,000円 無料 
     ※ テキスト代別途2,500円必要
【申込期日】8月24日(土)
【主催】地域の未来・支援センター、寺子屋プロジェクト
●この他の詳細につきましてはこちらでご確認ください!
 http://kokucheese.com/event/index/31991/

◆平成24年度ボランティアコーディネーター養成研修【基礎編】(再掲)
【主 催】三重県社会福祉協議会
【日 時】平成24年7月~12月(月1回開催:全6回)
【定 員】35名
【詳 細】三重県社会福祉協議会のHP(http://www.miewel-1.com/)内「ボ
     ランティアセンター」のページでご確認ください。カリキュラム等
     も掲載しています。
【問合せ】三重県社会福祉協議会 三重県ボランティアセンター
     担当:北出・関根
     Tel:059-229-6634  FAX:059-229-6635
     E-mail:mvc@miewel.or.jp


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆特定非営利活動法人 日本チャリティプレート協会「チャリティプレート助成金」
【選考対象者】
 ○団体またはグループであること
  1.法人である必要はない
  2.社会福祉法人および財団法人は特別の理由がない限り対象としない。
 ○アクティビティ・センターまたは、小規模作業所であること
【助成金額】
 ○上限額 50万円(1件当たり)
【応募期間】
 平成24年6月1日~平成24年8月31日(必着)
【問い合わせ先】
 特定非営利活動法人 日本チャリティプレート協会
 〒166-0012 東京都杉並区和田1-5-18 アテナビル2F
 TEL:03-3381-4071  FAX:03-3381-2289
 http://www.jcpa.net/jcpa/joseikin/index.htm

◆一般財団法人 日本メイスン財団「平成25年度助成金」
【助成対象事業】
 ○社会的弱者、障がい児(者)の医療、自立、福祉向上を目的とした各種
  のボランティア活動
 ○上記に関連する機器、施設の改善、備品購入資金の援助
  ※特に児童を対象とする直接的支援プロジェクトを重視します。
【助成金額】
 ○1件あたり200万円程度まで
【募集期間】
 ○一般募集…平成24年9月30日
 ○特別募集…緊急に女性の必要がある場合は随時受付けます
【問い合わせ先】
 一般財団法人 日本メイスン財団
 〒105-0011 東京都港区芝公園4-1-3
 TEL:03-3431-0033  FAX:03-3578-8440
 http://www.tma-japan.org/sub3.html

※前号掲載情報:
 ◆財団法人大和証券福祉財団「第19回ボランティア活動助成」(期日9/15)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.東日本大震災に関する情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ東日本大震災支援団体連絡会【つながろう三重】加盟団体募集!
 東日本大震災から1年を契機に、東日本大震災支援活動を行っている三重
 県の団体同士で現状や課題を話し合い、これからも継続して支援活動に取
り組んで行くことを目的としています。
【詳細および申込方法】
 下記のホームページをご覧ください。
  → http://mvsc.jp/tsunagaro-mie/
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
 〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
 TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
・亀山市災害ボランティア支援センター
  http://kameyama-shakyo.or.jp/news/115/
・桑名市災害ボランティア支援センター
  http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
・名張市災害ボランティア支援センター
  http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

※この他、全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
  http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.第21回全国ボランティアフェスティバルみえ情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆進捗状況
 ようやく開催案内パンフレットが完成し、全国に発送しました。このことに
 より参加申込も始まっています。
 申込方法は、開催案内パンフレットに付属している申込用紙を活用していた
 だく他、大会専用ホームページからも申込をしていただけます。
 また、同時に「運営ボランティア」並びに「ふれあい広場出展団体」も募集
 を開始しました。
 
 皆様の参加を心からお待ちしております。

◆下記においても情報発信しています。
【Twitter】 
  http://twitter.com/intent/user?screen_name=zvf_mie
  Twitter ID @zvf_mie ぜひフォローを!!
【Facebook】http://www.facebook.com/zvfmie2012
 「全国ボランティアフェスティバルみえ」 ぜひ「いいね!」を!!
【メールマガジン】 
  https://www.miewel-1.com/vfmie/mailmag/index.html
【HP】:http://www.miewel-1.com/vfmie/index.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.編集後記(せっきー&でっち)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 梅雨末期の大雨はいつものことだから…とは言ってしまえない天候が続いて
いますね…。

そんなニュースも気になりながら、昨日、県内の市民活動サポートセンターさ
んでボランティアコーディネーターについての話をさせていただいてきました。
 部分ごとにしか整理できていなかったものを、全体を通して整理するいい機
会を与えてもらいました。
 そして、誰かに伝えようとすることで、自発的に出てくる知識や考え方の足
りなさを突きつけられるなーとあらためて実感です。(ほんと足りないものば
かりで^^;)そこから、これからは研修などで学んだことをまとめる方法を
ちょっと変えてみよう!ということも考えました。

また、1時間半話しただけで声が出なくなるという情けない事態になり^^;
学校や大学の先生方の喉の強さをあらためて実感することに。
あ、そこのあなた、それはきっと呑みすぎだからでしょって、思いましたね。

                                でっち