バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2012(平成24)年度/第9号】
配信日時:2012/08/11 09:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・講座情報(2件)
 ◆第3回新しい公共「円卓会議」
 ◆第8回サステナビリティCSR検定のご案内
3.助成金情報(1件)
 ◆平成24年度 植山つる児童福祉研究奨励基金
4.九州北部豪雨に関する情報(1件)
 ◆現在、ボランティアを募集している災害ボランティアセンター
5.東日本大震災に関する情報(2件)
 ◆みえ東日本大震災支援団体連絡会【つながろう三重】加盟団体募集!
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
6.第21回全国ボランティアフェスティバルみえ情報(2件)
7.編集後記(せっきー&でっち)
☆------------------------------------------------------------------☆


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 熱い戦いを繰り広げているオリンピックも、残すところわずかとなってきま
した。今回は日本の金メダル獲得数が少ないのが残念ですが、残りの試合でも
我々に感動を与えてくれるはずです!!

 さて、オリンピックが終わると、次は『第21回全国ボランティアフェステ
ィバルみえ』の番です。残り約50日となってきて、参加される皆様に満足し
ていただけるよう、関係者一同、最後の追い込みに入っています。

 皆様とは、フェスティバル当日お会いできるのを楽しみにしています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・講座情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆第3回新しい公共「円卓会議」
自治会・NPO・社会福祉協議会・企業・行政などの方が一緒に次のテーマで
話し合います。
【テーマ】新しい公共推進指針中間案の検討
【開催日時】2012年9月1日(土)14:00~16:00
【開催場所】みえ県民交流センター (津市羽所町700 アスト津3階)
広く一般に公開される会議です。県民のみなさま、ぜひご来場ください。
●詳しくはこちらをぜひ!↓
みえ市民活動ボランティアセンターさんHP:
 http://www.mienpo.net/center/cgi-bin/adm-bin/event/imgbbs.cgi?no=772
【お問い合わせ】
 特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター
(事務局:NPO法人市民社会研究所)
TEL/FAX:059-363-3539
E-MAIL:ssk21ww@yahoo.co.jp

◆第8回サステナビリティCSR検定のご案内
第6回、第7回と続き、今回も三重「松阪」の地でサステナビリティCSR検定
を実施させていただきます!
先の8/7(火)に実施したCSR検定プレ講座では、50人満席の会場でほぼ満席
に近い47人にご参加いただき、大盛況・大好評でした!
実際にアンケート結果においても、回答頂いた方の100%がCSR検定の意義につい
て「とても意義がある(13名)」または「意義がある(14名)」とお答え頂い
ており、CSR活動の重要性の理解の輪が三重県内に広がってきています。
松阪の歴史上の人物といえば、「三井高利」と「本居宣長」です。
松阪商人である「三井高利」は三井財閥の基礎を築いた人物であり、その商売
道はCSRに通ずるものがあったと言われています。
また国学者「本居宣長」といえば日本人独特の感性「もののあはれ」を見出し
た人ということであまりに有名ですが、この「もののあはれ」は今でいう「エ
コ」や「サステビリティ」にも通じるものがあります。
そんなCSRの源流とも言える地、三重「松阪」にて、前回、前々回に引き続
き、サステナビリティCSR検定をさせていただくことはとても意義のあるこ
とだと思っております。
この検定を通して、松阪市だけでなく三重県内にも今まで以上に広く、CSR
を通じた持続可能な地域であるための理解と実践を推進していきたいと思いま
す。

【開催日時】 2012年9月30日(日)10時~11時30分 
【申込締切】 8月31日(金)〆
【検定料払込締切】 9月7日(金)〆
【申込方法】 検定要綱を請求し、同封の払込取扱票にご記入のうえ、郵便局
       にて受検料を払込みください。
【受験料】 ¥5,000
【出題範囲】 サステナビリティCSR検定 公式テキスト第3版(ネットでご購
       入ください。→http://www.csr-forum.gr.jp/csr.html)
【公式HP】 http://www.csr-forum.gr.jp/csr.html
【場 所】 松阪市市民活動センター(松阪市日野町788カリヨンプラザビル3F)
【詳 細】 CSR活動を担う市民一人ひとりの倫理と持続性への「気づき」「理
      解」「決定」を促し、「自然環境と社会の持続性を高めるCSR」を
      普及・定着させることを目的とした検定です。
      経営指針にCSRを取り入れたいという企業の方、企業との協働を
      模索しているNPO、新しい公共への理解を深めたい行政の方、就
      職活動を控えた学生の方...そんな皆さんにお勧めの検定です!!
【主 催】 NPO法人企業社会責任フォーラム、株式会社オルタナ、日本財団CANPAN
【運営協力】 NPO法人Mブリッジ


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆平成24年度 植山つる児童福祉研究奨励基金
【助成対象】
1)研究A(自主研究)
  ・児童福祉施設に働く職員。(個人・施設・グループ・団体)
  ・児童福祉に関する自主研究
2)研究B(専門研究)
  ・児童福祉施設に働く職員。(施設・グループ・団体)
  ・児童福祉に関する自主研究であり、すでに基礎的な研究を終了し、さら
   に成果を発展させるための共同研究であること。ただし、学識者の協力
   を条件とする。
  ※個人を除く。また、今年度内に、同じ研究テーマで、他の研究助成の対
   象となっている場合も除く。
【助成金額】
1)研究A(自主研究)
  ・各研究助成額は20万円以内。
  ・年間助成総額100万円の予算において、若干名に助成。
2)研究B
  ・研究助成額は100万円以内。年間1件のみの助成。
【応募締切】
  平成24年9月7日(金)≪必着≫
【お問い合わせ先】
  〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
   社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部
    植山つる児童福祉研究奨励基金運営委員会
  TEL:03-3581-6503  FAX:03-3581-6509

※前号掲載情報:
 ◆社会福祉事業研究開発基金 平成25年度事業の募集(期日10/1)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.九州北部豪雨に関する情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 ◆現在、ボランティアを募集している災害ボランティアセンター

<福岡県>
 ■八女市災害ボランティアセンター
   → http://yamesyakyo.jp/

<大分県>
 ■竹田市災害ボランティアセンター
   → http://www.city.taketa.oita.jp/

<熊本県>
 ■阿蘇市災害ボランティアセンター
   → http://aso.ne.jp/a-syakyo/


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.東日本大震災に関する情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ東日本大震災支援団体連絡会【つながろう三重】加盟団体募集!
 東日本大震災から1年を契機に、東日本大震災支援活動を行っている三重県の
団体同士で現状や課題を話し合い、これからも継続して支援活動に取り組んで
行くことを目的としています。
【詳細および申込方法】
 下記のホームページをご覧ください。
  → http://mvsc.jp/tsunagaro-mie/
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
 〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
 TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
・亀山市災害ボランティア支援センター
  http://kameyama-shakyo.or.jp/news/115/
・桑名市災害ボランティア支援センター
  http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
・名張市災害ボランティア支援センター
  http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

※この他、全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
  http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.第21回全国ボランティアフェスティバルみえ情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆進捗状況
 参加者募集の締め切りまで残り1週間となりました。
 全国各地から問い合わせも増えてきており嬉しい限りです。
 まだ、〆切までは時間がありますが、皆様の早期のお申込を関係者一同心よ
りお待ちしております。
 さて、最近は県内・県外の関係団体を訪問し少しでもたくさんの方にご参加
いただけるよう実行委員長と共にPR活動を続けています。
 また、昨日より、ふれあい広場への出展団体に対する説明会を始めています。

◆下記においても情報発信しています。
【Twitter】 
   http://twitter.com/intent/user?screen_name=zvf_mie
 Twitter ID @zvf_mie ぜひフォローを!!
【Facebook】http://www.facebook.com/zvfmie2012
「全国ボランティアフェスティバルみえ」 ぜひ「いいね!」を!!
【メールマガジン】 
  https://www.miewel-1.com/vfmie/mailmag/index.html
【HP】:http://www.miewel-1.com/vfmie/index.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
7.編集後記(せっきー&でっち)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 全ボラみえが、近づいてきました!!
 昨日は、出展団体の方々への説明会が開催され、来週以降は運営ボランティ
ア関係の説明会も始まります。
 こうした説明会を通して出展団体の方々にも、運営ボランティアに関わる方
々にも『「私も」関わる全ボラみえ』を伝えていきたいと思っています。
 
                                でっち