バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2019(令和元)年度/第10号】
配信日時:2019/08/24 10:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp

☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1 あいさつ
2 ボランティア募集(1件) 
 ◆とこわか国体・とこわか大会ボランティア募集
3 研修・イベント等情報(5件)
 ◆ボランティアコーディネーション研修第3回
 ◆第13回 大学ボランティアセンター全国フォーラム2019
 ◆災害時語学サポーター養成研修
 ◆伊勢湾台風60年の集い・みえ
 ◆ 伊勢湾台風60周年のつどい 〜語りつなごう伊勢湾台風〜
4 助成金・表彰等情報(3件)
 ◆2019年度 重い病気を抱える子どもの学び支援活動助成
 ◆全国労働者共済生活協同組合連合会 地域貢献助成事業
 ◆TOTO水環境基金 助成団体募集
5 災害に関する情報
 ◆「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」
6 編集後記
☆------------------------------------------------------------------☆

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1 あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 8月が終わり近づいてきました。台風シーズンを乗り切った!と思いきや、
本来のシーズンはこれから。台風関連の報道の多さで、ピーク時との錯覚を
起こしていたようで…。この情報量を過多とせず、人々の自らの備えにつな
げる妙案やいかに!とも思うこの頃です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2 ボランティア募集情報(1件)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆三重とこわか国体 ボランティア募集
広報・運営ボランティアを募集しています。≪津市・四日市市・鈴鹿市≫
〈津市〉
【募集人数】2,000人程度(先着順)
【申し込み可能な方】〈重要〉必ず、お読みください。
平成21年4月1日以前に生まれた方で、以下のいずれかに該当すること。
注:応募時点で18際未満の方は、保護者の同意を必要とします。
1 津市に在住・通勤・在学の人
2 津市に活動拠点を有する団体
3 上記以外に、実行委員会が認める個人・団体
上記3の例:通訳、手話など大会運営に必要な能力を有する方など
※この他、活動内容、研修、報酬・交通費等、申し込み方法、
Q&Aなどは三重とこわか国体HPよりご確認ください。
http://tokowaka-tsucity.jp/www/tokowaka/contents/1560777125459/index.html
【お問い合わせ先】三重とこわか国体・三重とこわか大会 津市実行委員会
津市 国体・障害者スポーツ大会推進局 総務企画課
TEL:059-229-3373 FAX:059-229-3260
E-mail:229-3373@city.tsu.lg.jp
〒514-0056 三重県津市北河路町19-1 メッセウイング・みえ2階
〈四日市市〉
【募集人数】1,500人程度
【申し込み可能な方】
平成21年4月1日以前生まれで下記のいずれかの事項に該当する方
1.原則、四日市市に在住または通学・通勤している方。
2.四日市市に活動の拠点を有する団体。
※リハーサル大会は平成20年4月1日以前生まれの方のみ活動可能です。
※この他、活動内容、研修、報酬・交通費等、申し込み方法、
Q&Aなどは三重とこわか国体HPよりご確認ください。
https://www.city.yokkaichi.mie.jp/kokutai2021/kokutai/volunteer.html
【お問い合わせ先】
三重とこわか国体・三重とこわか大会四日市市実行委員会 事務局
(四日市市役所国体推進課内)電話:059-354-8367
〒510-8601 三重県四日市市諏訪町1番5号
〈鈴鹿市(応援サポーター)〉
※活動内容、研修、報酬・交通費等、申し込み方法、Q&Aなどは
三重とこわか国体HPよりご確認ください。
http://www.city.suzuka.lg.jp/kokutai/wanted/files/000001.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3 研修・イベント等情報(5件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆ボランティアコーディネーション研修
第3回「福祉施設でのボランティア活動のプログラムづくり」
【開催日時】9月19日(木)10:00~16:30
【開催場所】三重県社会福祉会館 3階 研修室1
【講師】筒井 のり子さん
龍谷大学 社会学部 現代社会学科 教授
認定特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会 運営委員
【実践報告者】馬場 晧平さん
 医療法人社団主体会 介護老人保健施設 みえ川村老健 相談員
平成30年度本研修受講者
【定員】30名
【参加費】無料
※この他の詳細や申込方法は三重県社会福祉協議会HPよりご確認ください。
HP:http://www.miewel-1.com/
↑「新着情報より」ご確認ください。
【主催・お問合せ先】
三重県社会福祉協議会 三重県ボランティアセンター
〒514-0009 三重県津市羽所町700 アスト津3階
TEL:059-229-6634 FAX:059-229-6635
メール:mvckitade@yahoo.co.jp

◆第13回 大学ボランティアセンター全国フォーラム2019
テーマ:「ともに生きる地域づくりと学生ボランティア」
【開催日】2019年9月11日(水)・12日(木)
【開催場所】首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都)
【対象】大学ボランティアセンター、サービスラーニングセンター、地域連携
センターなど学生・大学の社会貢献活動を推進する部署、プログラムの運営、
実践に関わる教職員/開設を検討している教職員/支援を担当されている
大学教職員/開設や運営を支援している学外の中間支援組織の方
【定員】50名
【参加費】14,000円
(1日目のみ参加 6,000円/2日目のみ参加 8,000円/情報交換会 会費別途4,000円) 
【内容】
全体会1「ともに生きる地域づくりと学生ボランティア」
全体会2  「”楽しい”の先にあるボランティア活動の価値をどう伝えるか」
全体会3  「学生スタッフ組織のチーム力を高める」
会場校(首都大学東京 ボランティアセンター)活動紹介・施設見学
自由研究発表
※詳細はウェブサイトをご覧ください。 
https://www.daigaku-vc.info/
【講師】
○室田 信一氏
首都大学東京 准教授/
NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン 代表理事・共同創設者
○赤澤 清氏NPO法人ユースビジョン代表/大谷大学 准教授
【申込締切】9月5日(木) 
申込み: フォーラム参加申込みは以下よりお申込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S72527067/
【主催】 特定非営利活動法人ユースビジョン
【共催】首都大学東京ボランティアセンター
【お問合せ先】
NPO法人ユースビジョン
大学ボランティアセンター全国フォーラム2019事務局
(担当:赤澤、芝原)
TEL/FAX 075-286-3400[受付:火~金曜日 13:00~17:00]
メール:info@daigaku-vc.info
ウェブサイト:http://daigaku-vc.info/ 

◆災害時語学サポーター養成研修
ポルトガル語、スペイン語、中国語、英語、ベトナム語、
フィリピノ語、やさしい日本語
【開催日時】
第1回:9月8日(日)
第2回:10月13日(日)
第3回:11月17日(日)
いずれも10:00~16:00
【開催場所】
アスト津(津市羽所町700)
3階ミーティングルームA・B
4階研修室A
【定員】40名(各言語5人~10人程度)
【対象者】
・多言語クラス:災害時の外国人支援に関心があり、対象言語のいずれかに
 おいて通訳・翻訳が可能な方
・やさしい日本語クラス:やさしい日本語を活用する災害時外国人支援に関
 心がある行政関係者、防災関係者、国際協会関係者、福祉関係者、一般の
  方各回、複数の講師の方が登壇し、研修内も変わります。熊本地震、西日本豪雨
  の活動者も登壇します。詳しくは、三重国際交流財団HPでご確認ください。
三重県国際交流財団HP:http://www.mief.or.jp/jp/saigai.html
【主催】三重県
【問い合わせ・申し込み先】
(公財)三重県国際交流財団(MIEF)TEL:059-223-5006

◆伊勢湾台風60年の集い・みえ
~あの日の教訓を次世代へつなげよう~
【開催日時】令和元年9月21日(土)10:00~16:00
※研修会開場:12:30  イベント開場:10:00
【開催場所】じばさん三重6Fホール、四日市市民公園
【内容】
○災害から得た教訓を次世代につなぐ研修会 事前申し込み制
<じばさん6Fホール> 13:00~16:00
・基調講演「伊勢湾台風60年、風水害への備えを考える」
津地方気象台長 黒川 美光 氏
・各学校における防災活動や取組の発表
1 四日市市立内部中学校生徒による防災・減災活動の報告
2 県立四日市農芸高等学校の取組報告
3 三重県教育委員会による学校防災ボランティア事業の活動報告
4 四日市大学&四日市東日本大震災支援の会による活動報告
・パネルディスカッション
「災害から得た教訓をいかに次世代に伝えていくか」(仮)
 コーディネーター 三重大学大学院工学研究科准教授 川口 淳氏
○防災・減災啓発イベント 事前申し込み不要
<四日市市民公園(雨天中止)、四日市市立博物館、ララスクエア四日市4F>
・詳細は三重県のHPでご確認ください。
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0022100088.htm
【お問い合わせ・お申し込み先】
三重県防災対策部防災企画・地域支援課
TEL:059-224-2185 FAX:059-224-2199
E-MAIL:bosai@pref.mie.lg.jp
〒514-8570 三重県津市広明町13

◆ 伊勢湾台風60周年のつどい 〜語りつなごう伊勢湾台風〜
【開催日時】令和元年9月26日(木)18:00~20:00
【開催場所】桑名市城南地区河川防災ステーション
【内容】式典、スカイランタン、茶粥炊き出し(和歌山みなべ梅の郷救助隊)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4 助成金・表彰等情報(3件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆ベネッセこども基金
2019年度 重い病気を抱える子どもの学び支援活動助成(~9/25)
https://benesse-kodomokikin.or.jp/

◆全国労働者共済生活協同組合連合会 地域貢献助成事業(9/20~10/10)
https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/joseijigyou.html

◆TOTO株式会社
TOTO水環境基金 助成団体募集(~10/18)
https://jp.toto.com/company/csr/environment/mizukikin/spirit/thought.htm

・・・・・前号まで掲載分・・・・・
●(公財)つなぐいのち基金(~9/2)
本事業は、児童の社会的養護施設や養護施設に入居する児童、難病児、一人親・
里親・貧困家庭の児童など、社会的ハンディキャップを抱える子どもたちを支
援する団体や事業プロジェクト(以下、「児童支援団体」とする。)に助成を
行うことにより、児童の心身の健全な育成に貢献することを目的としていこの
目的に合致した、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するための
助成先募集を行います。
http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/
●住友生命保険相互会社
第13回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集
子育て支援活動の表彰(~9/6)
●第23回ボランティア・スピリッド・アワード(~9/9)
「Prudential SPIRIT OF COMMUNITY ボランティア・スピリット・アワード」
(通称:SOC)とは、ボランティア活動に取り組む中学生・高校生を支援す
るプログラムです。このプログラムは、活動に優劣をつけるものではなく、
賞を通してボランティア活動について情報交換できる場を提供し、誰もが気
軽に、そして自然にボランティア活動に取り組める社会環境を創ることを目
指しています。
http://www.vspirit.jp/apply/index.html
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/
●(公財)大和証券福祉財団
令和元年度(第26回)ボランティア活動助成(~9/15)
http://www.daiwa-grp.jp/dsf/index.html
●子供の未来応援基金による支援団体募集(~9/20)
○申請について:
独立行政法人福祉医療機構HP
https://www.wam.go.jp/hp/cat/kodomomiraikikin/
○子供の未来応援基金について:
子供の未来応援国民運動HP
https://www.kodomohinkon.go.jp/fund/
●(公財)トヨタ財団
しらべる助成/そだてる助成/発信・提言助成(~9/30)
http://www.toyotafound.or.jp/community/2019/#2019koubo
●(公益財団)住友生命健康財団
2019年スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム(9/4~10/4)
http://www.skzaidan.or.jp/
●花王・みんなの森づくり活動助成(~10/14)
(公益財団)都市緑化機構HPより
https://urbangreen.or.jp/category/info-grant/kao
●(公益財団)社会貢献支援財団
社会貢献者表彰推薦募集(~10/31)
https://www.fesco.or.jp/recommend/index.php
●(公財)楽天 未来のつばさ(後期9/2~10/31)
児童養護関連事業への助成
https://mirainotsubasa.or.jp/institution/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5 災害に関する情報
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」
https://www.saigaivc.com/
(7/23更新)
梅雨前線および台風5号による大雨(第2報)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6 編集後記
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
夏は、帰郷などで旧友と会う機会が増えるのではないでしょうか。そんな時、
「気が合うと思っていたけれど、何か違う?」ということ、ありませんか。
似たようなことが、ボランティアや市民活動の集まりのなかでも起こってい
る気がします。
関心のあるテーマで人が集まるので、「同じように考えて当たり前」と思い
込みがち。でも、話していると、「え、そうなの?」と。そして、この「同
じだよね」でスタートして、違うことが分かった時の心理的距離感の大きさ
たるや…とも思います。皆さんは、親しいと思っている人と、意見が違うと
わかった場合、どうしていますか。                (き)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
次回は9月13日に配信予定です\(*⌒0⌒)


・・・・・・・・・・・・・・・・
「ぼらっとみえ~る」に掲載御希望の情報がありましたら下記の要項をメールで
お知らせください。
E-mail:mvc@miewel.or.jp 掲載希望日の3日前が締め切りです。
※次回締め切りは9月10日(火)です。

===掲載希望要項=====
1.募集情報のタイトル
2.内容(200字程)
3.開催日時
4.開催場所(住所含む)
5.参加費
6.定員
7.募集締め切り日
8.主催・申し込み・問い合わせ先
==============ココまでがメルマガ掲載情報となります。
9.掲載希望発信者情報
1)団体名
2)ご担当者名
3)メールアドレスまたはFAX
4)緊急連絡先TEL


なお、掲載できる情報は原則ボランティア・市民活動に関わるものとします。
本会で内容を確認し掲載不可とさせていただく場合がございます。その際は、
発行前にお知らせいたします。
以上について、あらかじめご了承ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・


☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆