バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2012(平成24)年度/第23号】
配信日時:2013/03/08 13:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント情報(4件)
 ◆「第8回松阪市社会福祉大会」つなぐ手と手、心と心、広がる絆
 ◆東日本大震災二周年追悼式
 ◆「三重からみつめた東日本大震災~被災地・被災者・避難者の2年、そして今~」
 ◆企業とボランティア・NPOをつなぐフォーラム
     ~寄付以外でつながらないと“もったいない!!~”
3.助成金情報(1件)
 ◆平成25年度「子育て家庭支援団体に対する助成活動」
4.東日本大震災に関する情報(4件)
 ◆みえ発!ボラパック2 個人ボランティア参加募集!(第27便)
 ◆みえ発!ボラパック2 団体ボランティア参加募集!(4月~8月活動分)
 ◆みえ東日本大震災支援団体連絡会【つながろう三重】加盟団体募集!
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
5.第21回全国ボランティアフェスティバルみえ情報(1件)
6.『WAっP』情報!
7.編集後記(せっきー&でっち)
☆------------------------------------------------------------------☆


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 週が明けると、3月11日です。
 『東日本大震災』から2年がたちます。1日でも早い復興を願うとともに、
自分に出来る支援を続けていきたいと思います。
 また、近いうちに必ず起こる「東海・東南海・南海地震」にそなえ、避難場
所の確認や非常用持出袋のチェックなど、家族で出来ることを確実に実行して
いきたいと思います。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント・講座情報(4件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆「第8回松阪市社会福祉大会」つなぐ手と手、心と心、広がる絆
【開催日時】平成25年3月10日(日) 10:00 ~ 15:00
【開催場所】松阪市ハートフルみくも(松阪市曽原町)
 ※地方卸売市場よりシャトルバス随時運行
【参加費】無料
 ◎本大会中に岩手県上閉伊郡大槌町在住「おおたきょうじ」さんの
色鉛筆画展~大槌の記憶をいろえんぴつに込めて~が開催されます。
太田恭司さん(65)は震災前に脳内出血により半身不随となりなが
らも本格的に絵を描くようになりました。その後東日本大震災で被災
され、すべての原画と画材、そして最愛の妻を失いました。それでも
絵を描き続ける太田さんは、「妻を亡くしたことも震災のつらさも絵
を描いているときはすべてを忘れられる。絵に助けられている。」と
話されています。当日は、その太田さんが描かれた約40点もの原画の
展示があります。詳しくはチラシの裏面をご覧ください。
※大会についての詳細はこちらのチラシをご覧ください。
http://matsusakawel.com/pdf/8syafukutaikaichi.pdf
【お問い合わせ先】松阪市社会福祉協議会 総務課
TEL:0598-21-1487  FAX:0598-23-3359

◆東日本大震災二周年追悼式
 東日本大震災は、被災地域が広域に及び、極めて多数の犠牲者を出すととも
に、国民生活に多大な影響を及ぼした未曾有の大災害であることに鑑み、発災
2年に当たり、県では、政府主催の追悼式の中継放送を視聴し、黙とうを行い
ます。
【開催日】平成25年3月11日(月)14:30~15:10
【会場】三重県庁講堂
【参加者】・知事、副知事、危機管理統括官、県職員
      ・県議会議長、副議長、議員
      ※県民の皆様もご参加いただけます。
※詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
 → http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2013020491.htm

◆「三重からみつめた東日本大震災~被災地・被災者・避難者の2年、そして今~」
 東日本大震災から2年がたち、今も被災地や被災された方々への支援活動に
取り組む人々がいる一方、世間の関心が薄れ、震災が過去のものとなりつつあ
る現状があります。
 みえ災害ボランティア支援センターでは、支援活動を行っている方々がその
活動から見つめた被災地・被災者の2年や今を伝えるとともに、被災・避難さ
れた方々の思いをお聴きし、私たちがこれからできることは何かを考えます。
【開催日】平成25年3月17日(日)13:00~17:30
【会場】みえ県民交流センター イベント情報コーナー
【定員】100名(事前申込不要・先着順・無料)
【内容】
(1)報告・パネルディスカッション
 第1部 三重県内避難者支援活動を通じて見える被災者の今
  パネリスト  木田裕子氏(hahako支援ねっと@みえきた)
         上野正美氏(ふくしまいせしまの会)
         小林真美氏(避難当事者
 第2部 被災地支援活動を通じて見える被災者の今
    パネリスト  樋口博也氏(四日市運送株式会社)
           花里沙知穂氏(三重大学災害ボランティア支援団体MUS-net)
           小林益久氏(松阪市副市長)
           齋藤秀喜氏(被災当事者)
           若林千枝子(みえ災害ボランティア支援センター)
   ※コーディネーター  山本康史(みえ災害ボランティア支援センター)
(2)講演 「今、できること」  ダニエル・カール氏
(3)対談  ダニエル・カール氏
       三重県知事 鈴木英敬氏
【その他】写真パネル展「東日本大震災とボランティア」を同時開催します。
【問い合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
  〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
  TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918
 ※詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
  → http://mvsc.jp/2013/02/23/8215/

◆企業とボランティア・NPOをつなぐフォーラム
       ~寄付以外でつながらないと“もったいない!!”
 企業とボランティア・NPOの接点としては、「寄付」というものがすぐに
頭に浮かびますが、つながる方法はそれだけでしょうか?それぞれに「知恵」
「人財」「熱意」「得意分野」などを持っているのに協働出来ないのは“もっ
たいない!!”と思いませんか?
 本フォーラムは、事例報告や情報交換会をとおして、寄付以外でつながる方
法を考えます。
【開催日】平成25年3月30日(土)13:00~16:00
【場所】三重県教育文化会館 6階 多目的ホール
【定員】100名(先着順)
【内容】
 第1部 パネルディスカッション
   コーディネーター  宮本倫明氏(「美し国おこし・三重」 総合プロデューサー)
   パネリスト     大西貞夫氏(株式会社ぎゅーとら CS推進課長)
             村上晃一氏(株式会社村上商店 代表取締役)
             前田光久氏(旭電気株式会社 代表取締役)
             萩野茂樹氏(三重県ボランティア連絡協議会 副会長)
 第2部 ワールドカフェ de 情報交換
   テーマ 「繋がりたいけど繋がれない……どうして?」
【申込締切】平成25年3月22日(金)
【問い合わせ・申し込み先】
 社会福祉法人 三重県社会福祉協議会(担当:関根)
  〒514-8552 津市桜橋2丁目131
  TEL:059-227-5145  FAX:059-227-6618
  E-mail:mvc@miewel.or.jp
 ※詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
  → http://www.miewel-1.com/


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆平成25年度「子育て家庭支援団体に対する助成活動」
【助成対象者】
   就学前の子どもの保護者等(妊婦等を含む)に対する支援活動を行う民
  間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO法
  人)等で、所定の要件(「申請時点で1年以上の活動実績を有し継続して
  運営している」等)を満たす団体
   ※特定非営利活動法人(NPO法人)以外の法人格を有する団体(社団
    法人、財団法人、社会福祉法人、学校法人等)は対象外。
【助成対象活動】
   日本国内における就学前の子どもの保護者等(妊婦等を含む)に対する
  支援活動
  (例)・学習会活動(育児勉強会等の開催等)
     ・相談活動(子育て相談・カウンセリング等)
     ・情報提供活動(子育て情報誌の発行等)
     ・交流活動(親子の集い・情報交換の場の提供等)
     ・支援者養成活動 
     ・託児(保護者等支援活動を行う際の一時預かり等)  など
【助成限度額】
  1団体当り上限25万円(助成総額最大は1,400万円)
【応募期間】
  平成25年3月1日(金)~4月30日(火) <当日消印有効>
【問合せ・申し込み先】
  〒514-0009  津市羽所町375 百五・明治安田ビル8階
  (社)生命保険協会 三重県事務室
  TEL:059-225-7439  FAX:059-225-0413
 ※詳細および申請書のダウンロード等は下記URLから
  → http://www.seiho.or.jp/


※前号掲載情報:
 ◆平成25年度「緑と水の森林ファンド」公募事業(申請締切日 3/31)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.東日本大震災に関する情報(4件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ発!ボラパック2 個人ボランティア参加募集!(第27便)
「みえ発!ボラパック2」は、仮設住宅や多目的施設等で文化活動やスポーツ交
流活動を行います。団体やグループによる活動を基本としますが、団体の活動
サポートや個人でできる活動もあるため、適宜個人ボランティアの募集を行っ
ています。
【募集期間】
 平成25年2月21日(木)~平成25年3月22日(金)
【詳細】
 下記のホームページをご覧ください。
 → http://mvsc.jp/2013/02/21/8196/
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
  〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
  TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918

◆みえ発!ボラパック2 団体ボランティア参加募集!(4月~8月活動分)
「みえ発!ボラパック2」では、岩手県山田町の方々がこれからの暮らしの中で
仲間つくりを進めていけるように「寄り添い・ふれあい」活動を引き続き支援し
ます。平成25年9月にある山田祭までをひとつの目標に、文化や運動、教養を通
じて被災地の復興に寄り添う仲間を募集します。
【詳細】 下記のホームページをご覧ください。
 → http://mvsc.jp/2013/03/06/8316/
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
  〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
  TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918


◆みえ東日本大震災支援団体連絡会【つながろう三重】加盟団体募集!
 東日本大震災から1年を契機に、東日本大震災支援活動を行っている三重県の
団体同士で現状や課題を話し合い、これからも継続して支援活動に取り組んで
行くことを目的としています。
【詳細および申込方法】
 下記のホームページをご覧ください。
 → http://mvsc.jp/tsunagaro-mie/
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
  〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
   TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
・亀山市災害ボランティア支援センター
  http://kameyama-shakyo.or.jp/news/115/
・桑名市災害ボランティア支援センター
  http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
・名張市災害ボランティア支援センター
  http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

※この他、全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
  http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
5.第21回全国ボランティアフェスティバルみえ情報(1件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆全ボラ、その後……
 さて、何度か告知をしてきました「報告書」ですが、ようやく発送まで辿り
着くことができました。
 今週中(あと2日ですが……)に発送し、週明けには皆様の元へ届くと思い
ます。ご覧いただき、全国ボランティアフェスティバルを思い返していただけ
ればと思います。
【Twitter】 
  http://twitter.com/intent/user?screen_name=zvf_mie
【Facebook】http://www.facebook.com/zvfmie2012
【HP】http://www.miewel-1.com/vfmie/index.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.『WAっP』情報!(1件) 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
前回、全ボラみえの学生プロジェクト「絆創造プロジェクトZ」で大活躍した
お二人が「WAっP」として新たな活動を始めたことはお伝えしました。
それは、大学を超えてボランティア活動している同じ学生の皆さんの様子を
インタビューし、Facebook、Twitter、HP発信していこう!というものです。
 すでに皇學館大学「ヒューマンネットワーク部」、鈴鹿医療科学大学ボラン
ティアセンター(ボランティア委員)の皆さんにお話を聞きに行っています!
その様子、Facebook、Twitter、HPでも発信していますので、ぜひご覧ください☆
【Twitter】https://twitter.com/pj_z_mie
【Facebook】http://urx.nu/3m4p
【HP】http://www.miewel-1.com/volunteer/index.html#59

※『WAっP』という名前は、あらたな活動を始めるにあたって二人があーでも
ないこーでもないと悩みに悩んで決めたものです。
「WA」には「輪」「和」「話」・・・といろんな意味を込めて。
「っ」は「津・つ」を意識して。
「P」は学生PJ(プロジェクト)を引き継いで。
みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
7.編集後記(せっきー&でっち)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 先日、2年前の3/11金曜日の午後、何をしていたか、その時、何を思い、
考えていたか、今は何を思い、考えるかということを話す機会がありました。
 
 一緒にいたメンバーが関東から東北の方々だったこともあってか、これまで
にも何回か、あの日のことを話したり聞いたりしたことがあったようですが、
それでも、2年が過ぎようとしている今考えてみると、また新たに思うこと気づ
いたことが出てきたようでした。

 週明けの月曜日、身近な人たちとあの日のことを話す時間を作ってみても
いいのかもしれません。

                                でっち


▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4