バックナンバー
三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ~る♪』【2013(平成25)年度/第2号】
配信日時:2013/04/26 13:00
三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日~金曜日 9:00~17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント情報(5件)
 ◆-みんなでお祭りに行こう!-女川町熊野神社例大祭大作戦!
 ◆がん研究を応援する 第19回 生命の駅伝
 ◆男はつらいよ 働き盛り*男の人生設計!
 ◆防災講演会 あなたの生命(いのち)を守る防災情報
 ◆三重県女子に告ぐ!雨宮処凛の生き方幸福論
3.助成金情報(4件)
 ◆平成25年度(第36回)「24時間テレビ」チャリティキャンペーン
 ◆みずほ教育福祉財団 第30回「老後を豊かにするボランティア活動資金」
 ◆丸紅基金 平成25年度(第39回)社会福祉助成金
 ◆三重県共同募金会 平成25年度配分申請の受付
4.東日本大震災に関する情報(2件)
 ◆みえ発!ボラパック2 について
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
5.編集後記(さかちゃん&でっち)
☆------------------------------------------------------------------☆

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1.あいさつ
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
黄金週間です!新緑です!前半は天気もよさそうです!
予定があってもなくても、体調だけは崩すことなく過ごすことといたし
ましょう♪
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
2.イベント情報(件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆-みんなでお祭りに行こう!-女川町熊野神社例大祭大作戦!
(防災一座・チーム四日市)
東日本大震災で甚大な被害を受けた女川(おながわ)町。防災一座では、今年も
お神輿の担ぎ手や運営をお手伝いしていただけるボランティアさん、お祭り大好き!
な皆さんを募集してバスを出し、四日市諏訪太鼓さんと連携して例大祭に参加しよう
と思います。みんなでお祭りに行きましょう!どうぞよろしくお願い申し上げます。
【日程】
5月2日(木)/14:00 近鉄四日市駅西市民公園集合・15:00 出発
  3日(金) / 7:00 女川町熊野神社前到着
        8:00 境内集合、例大祭、神輿陸尺~夕方まで
           夜は夕食を兼ねて女川の皆さんと懇親会(女川泊)
  4日(土) /女川町をゆっくり周ってみよう! 午後、女川出発
  5日(日) /お昼ごろ:四日市到着
【参加費(交通費)】
 大人5,000 円、大学生3,500 円、高校生2,500 円
【定員】30名
【持ち物・注意事項等】
・お申し込みの際、お名前、住所、携帯番号などお知らせください。
 (保険加入、緊急連絡用等です。)
・ボランティア活動保険に必ず加入してください。
 (2 日の出発時に受付します。)
・食事代、懇親会参加費、宿泊費等は別途各自でお願いします。
 (3 日の昼食はあります。)
・200 段の階段で神輿を担ぎおろします。健康で体力に自信のある方、
 歓迎します!
・動きやすい服装と靴で、ハッピなど、祭り衣装をお持ちの方は持参して
 ください。
・着替えやタオル、寝袋、身の回り品、雨具、手荷物などはコンパクトに
 お願いします。
・高校生の方は保護者の同意が必要です。(ご家族でのご参加、歓迎します!)
・スタッフでお手伝いいただける方も募集します。お祭り大好き!な方、
 歓迎です。
【受付締め切り】2013年4 月29 日(月・休)12:00 までです。
        (定員になり次第、締め切ります。)
※支援物資などお届けします。内容や量など事前にお知らせください。受け入れ
 先を確認します。カンパやお土産、汗拭きタオル、飲み物、お菓子などの差し
 入れ歓迎です!
【お申し込み・お問い合わせ先】防災一座 松野:090-7860-5609まで。

◆がん研究を応援する 第19回 生命の駅伝
【期間】2013年5月17日(金)~ 26日(日)
【参加方法】
 ・歩く・走る・サポートする
 ・募金する
 ・Tシャツを購入する
 ※詳細についてはHPをご覧ください↓
  http://www.ms1.mctv.ne.jp/ekiden_for_life/japan/
【主催・お問い合わせ先】EKIDEN for LIFE(生命の駅伝)事務局
 TEL:0598-51-3741  FAX:0598-51-0505

◆男はつらいよ 働き盛り*男の人生設計!
【日時】2013年5月26日(日)13:30~16:30
【会場】三重県生涯学習センター2階 まなびラボ(津市)
【講師】京都橘大学健康科学部心理学科助教 /
    カウンセリングオフィス天満橋 代表 濱田 智崇 氏
【対象】40代を中心とした男性30名(先着順)
 ※詳細についてはこちらをご覧ください↓
 http://www3.center-mie.or.jp/center/frente/jigyou/H25/005man40.html
【お申し込み・問い合わせ】
 三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」
 津市一身田上津部田1234
  TEL:059-233-1130 FAX:059-233-1135
 E-mail:frente@center-mie.or.jp

◆防災講演会 あなたの生命(いのち)を守る防災情報
【日時】2013年6月1日(土)13:30~16:00
【会場】三重県人権センター 多目的ホール(津市一身田大古曽693-1)
【定員】300名(入場無料)
【内容】≪講演≫
 (1)身を守るための気象情報
   三重テレビワイドニュースお天気キャスター  多森 成子 氏
 (2)東北地方太平洋沖地震と南海トラフの巨大地震
   ~津波から命をまもるために~
  津地方気象台 台長  草野 富二雄 氏
 ≪防災情報のパネル展示≫ 
 【申込み・お問い合わせ先】事前に下記までお申し込み下さい。
  津地方気象台 防災業務課  申込み連絡先⇒ TEL:059-228-6818
  〒514-0002 三重県津市島崎町327-2 津第二地方合同庁舎 5F
  ※詳細については、下記URLからご確認下さい。
   ⇒http://www.jma-net.go.jp/tsu/

◆三重県女子に告ぐ!雨宮処凛の生き方幸福論
【日時】2013年6月8日(土)13:30~15:30
【会場】三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」1階 多目的ホール
 事前申し込み制、先着順
 ※詳細についてはこちらをご覧ください↓
 http://www3.center-mie.or.jp/center/frente/jigyou/H25/004ammy.html
【お申し込み・問い合わせ】
 三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」
 津市一身田上津部田1234
  TEL:059-233-1130 FAX:059-233-1135
 E-mail:frente@center-mie.or.jp

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
3.助成金情報(4件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆平成25年度(第36回)「24時間テレビ」チャリティキャンペーン
【寄贈内容】
 リフト付きバス、スロープ付き普通自動車・軽自動車、入浴車(軽)、
 電動車いす
  ※幅広い用途で使用可能な福祉車両(福祉サポート車)の募集もあり。
【寄贈対象】
 ・1団体(個人)、1車種(1台)に限ります。
 ・同グループ内での複数の申し込みは無効になります。
 ・2008年度以降に贈呈を受けている団体・個人に関しては選考外。
【申込期間】
 2013年5月20日(月)(当日消印有効)
【申込方法等】
 詳細についてはコチラからご確認ください。↓
 http://www.ntv.co.jp/24h/contents/pdf.html

◆みずほ教育福祉財団 第30回「老後を豊かにするボランティア活動資金」
【助成対象】
 地域社会で高齢者のための活動を行っているボランティアグループで、
 次の要件を満たすもの。
 1)ボランティア数10~50人程度
 2)結成以来の活動実績2年以上
 ※法人格を有する団体、老人クラブ内での活動グループ、過去3年以内に
  本助成を受けたことのあるグループは対象外。
【応募方法】
 所定の申請書に必要事項を記載の上、都道府県・政令指定都市社会福祉協議会
 又は市町村社会福祉協議会の推薦を得て、下記財団まで郵送して下さい。
【申込期限】
 2013年5月24日(金)【当日消印有効】
【お問い合わせ先】
 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内
 公益財団法人 みずほ教育福祉財団
 TEL:03-3596-4532  FAX:03-3596-3574
 ※詳細および申請書のダウンロード等は下記URLから
  → http://homepage3.nifty.com/mizuhofukushi/

◆丸紅基金 平成25年度(第39回)社会福祉助成金
【助成内容・対象】
 わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の
 団体が企画する事業案件で、一定の条件を具備するもの。
  ※条件につきましてはHPでご確認ください。
【助成金額】
 原則として、1件につき200万円を上限とする。
【申込期間】
 2013年5月31日(金)【当日消印有効】
【問い合せ先等】
  〒100-8088 東京都千代田区大手町1-4-2 丸紅ビル内
  社会福祉法人 丸紅基金
  TEL:03-3282-7591  FAX:03-3282-9541
 ※この他の詳細については下記URLでご確認ください↓
  http://www.marubeni.or.jp/promote/guidelines/tabid/70/Default.aspx

◆三重県共同募金会 平成25年度配分申請の受付
【助成内容】
 社会福祉事業及び更生保護事業にかかる工事、備品購入、その他事業
 ※社会福祉公益補助事業も公募しています。詳細は下記まで。
【助成対象】
 県内において社会福祉事業、更生保護事業その他の社会福祉を目的とする事業
 を行う民間施設または団体
【助成金額】
  工事……上限50万円
  備品……上限30万円
  事業……上限30万円(小規模作業所は15万円)
【申込期間】
 2013年5月1日(水)~5月31日(金)【当日消印有効】
【問い合わせ先】
 社会福祉法人 三重県共同募金会
 TEL:059-226-2605  FAX:059-221-0044
 URL:http://www.miewel-1.com/bokin/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
4.東日本大震災に関する情報(2件)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆みえ発!ボラパック2について
「みえ発!ボラパック2」は、仮設住宅や多目的施設等で文化活動やスポーツ
交流活動を行います。団体やグループによる活動を基本としますが、団体の活動
サポートや個人でできる活動もあるため、適宜個人ボランティアの募集を行う
場合もあります。
 
【今後の運行予定】
 平成25年4月から8月のボラパック2は、お申し込みが運行予定便数に達したため
現在、募集は行っていません。今後の詳細については、下記ホームページをご覧
下さい。
【お問合わせ先】
 みえ災害ボランティア支援センター
 〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
 TEL:059-226-6916  FAX:059-226-6918
 ホームページ URL
 → http://mvsc.jp/2013/02/21/8196/

◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
 ○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
 ・亀山市災害ボランティア支援センター
  http://kameyama-shakyo.or.jp/news/115/
 ・桑名市災害ボランティア支援センター
  http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
 ・名張市災害ボランティア支援センター
  http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
  このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

 ※この他、全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
  http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
6.編集後記(さかちゃん&でっち)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
今年度からこちらで三重県内の市町ボランティアセンターのスタッフをリレー
形式で紹介しています~。そして今回から自己紹介の方法で進めていくとにし
ます♪
第2号に登場いただくのは御浜町社協の梶原恵子さんです!ボランティアコーディ
ネーター歴が長い(もしかすると県内で一番?!)梶原さん、現場の声
が聞きたいなぁと思う時など、頼りにしています。
VCO談義で軽く一晩飲み明かせそうです^^ 以下梶原さんの自己紹介です!

社協に入局したきっかけは、阪神淡路大震災を体験し、その年の4月に家族と一緒
に生まれ故郷の「御浜町」に帰省したことです(ちなみに旦那は、九州宮崎の人で
すが(にが笑い…))。7月に社協が、ボラコを募集していることを知り、
「パートで、情報誌を作りながらボランティアさん達とおしゃべりしていただけれ
ば。。。。」という面接での話を鵜呑みにして入局、早18年が経とうとしています
~~
業務を通じて子ども達だけのボランティアグループと関わることで子ども達から
元気や要領の良さ悪さを楽しみながら学んでいます。また最近時代の流れを目の当た
りにし市民活動の活発さに、楽しみを感じています。月日の流れとは怖いもので
最近、ボランティアさん達との約束を忘れてしまいご迷惑をお掛け致しております。
(そりゃ~ボラコがこの歳じゃ、ボランティアさんの高齢化問題は深刻です) 
今、一番楽しみな事は出会いです!この歳になったからこそ人との出会いが楽しみ
です。思いっきり私事ですが(?_?)最近大きな出会いがありました。娘に結婚して8年
振りに子どもができました。私にとって初孫ってやつですね。今、孫の成長を見ていく
のが一番の楽しみです。仕事関係でなくてほんとすみませんm(__)m


☆-------------------------------------------------------------------☆
▼メールマガジン登録解除はこちらから
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&g=2&f=4
☆-------------------------------------------------------------------☆